Linux

CentOS 6 での yum update エラーに対応しました

投稿日:2017年12月13日 更新日:

問題

先日、CentOS 6.9 で yum update したところ、以下のエラーが発生しました。

https://ca.mirror.babylon.network/remi/enterprise/6/remi/x86_64/repodata/repomd.xml: [Errno 14] PYCURL
ERROR 51 - "SSL: certificate subject name 'xxxxxx.xxx' does not match target host name 'ca.mirror.babylon.network'"
Trying other mirror.

対応

少し調べてみると「DNSサーバーの設定を変えて試してみるとよい」という情報も見付かったんですが、根本的な原因がイマイチつかめませんでした。

最終的には、以下のようにネットワークを再起動したら今回の症状が発生しなくなりました。

sudo /etc/init.d/network restart

何か釈然としませんが、直ったの今回はこれでよしとし、また発生した時に再度調べたいと思います。

📂-Linux
-

執筆者:labo


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

Linux

Linux のコマンドラインで発生するビープ音を消す

Linux のコマンドでビープ音を消す方法を紹介します。

CentOS

CentOS 8 を CentOS Stream に移行するコマンド

目次1. 突然の CentOS 8 終了宣言2. CentOS Stream に移行するコマンド3. 2021年5月:移行作業を行いました4. 参考 1. 突然の CentOS 8 終了宣言 Cent …

Google App Engine

Ubuntu 18.04 (WSL) に、Google Cloud SDK をインストールする

Ubuntu 18.04 (WSL) に、Google Cloud SDK をインストールする手順を紹介します。

Vim

Vim でファイルを編集した後、sudo でそのファイルを保存する

目次1. 困った状況2. 対応方法3. ~/.vimrc にキーマップを登録する4. 参考 1. 困った状況 Vim でファイルを編集した後に、sudo で開いていないことに気付いた場合の対処法です。 …

Linux

コマンドに対してデフォルトで指定されているオプションを調べる

Linux などの UNIX系OS環境では、コマンドを入力して実行する機会が多いと思いますが、それぞれの環境によって、いくつかのコマンドオプションがデフォルトで指定されている場合があります。 ※ ログ …