Windows Tips

【Windows 10】消えた Cortana を復活させる

投稿日:2019年6月6日 更新日:

1. 環境

  • Windows 10 Pro バージョン 1809

2. Cortana が消えた

長い間 Cortana を使っていない Windows 10 で、ふと気づくと Cortana が使えないことに気付きました。過去に Cortana を「オフ」したような記憶もありますがはっきりしません。

ここでの「Cortana が使えない」というのは、「Cortana を有効にするための設定箇所が見付からない」という意味です。

この「Cortana が使えない」ときのスクリーンショットをいくつか載せておきます。

画面1. Cortana が使えないその1
画面2 Cortana が使えないその2
「Cortana」だった項目が「検索」になっています。
画面3. Cortana が使えないその3

3. Cortana を復活させる

Win 10 | Reinstall Cortana to resolve App search & Other Related issues で紹介されていた方法で Cortana を復活させることができました。

※ その Windows 10 上に他のアカウントを作成し、そちらでは Cortana が使えるのであれば、この方法が有効だそうです。

その手順を以下に説明します。

(1) レジストリエディタを開きます。

Windows + R キーを押して、「ファイル名を指定して実行」開き、”regedit” と入力し Enter キーを押します。

画面4. レジストリエディタを開きます

(2) レジストリをバックアップします(オプション)

念の為、レジストリのデータをバックアップしておきます。

そのためには、[ファイル] メニュー – [エクスポート(E)…] を選択して、任意のフォルダにレジストリデータを保存します。

画面5. エクスポートしてバックアップとします

(3) 目的のキーに移動します

左側の階層をたどり、以下のキーを表示します。

HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Search

(4) 2つのキーの値に「1」をセットします

以下の2つのキーの値に「1」をセットします。

  • CortanaConsent
  • SearchboxTaskbarMode

この2つのキーがない場合は、[新規作成] メニュー から [DWORD (32ビット) 値] を選択して追加してください。

画面6. 2つのキーに「1」をセットします
画面7. キーをダブルクリックして「1」をセットします

(5) サインイン(ログイン)し直します

ここで一旦、サインアウトして再度サインインします。

以下の画面のように、Windowsメニュー からサインアウトすることができます。

画面8. 一旦、サインアウトします

再度サインインすれば、Cortana が使えるようになっています。

4. 復活した Cortana

Cortana が復活した後のスクリーンショットをいくつか貼っておきます。

画面9. 復活した Cortana その1
画面10. 復活した Cortana その10

※ レジストリで値を編集した SearchboxTaskbarMode というキーは、画面10の右側にある赤枠内の選択肢のうち、どれが選択されているのかを保存しているようです。なので、実は「1」ではなく「2」などをセットしても問題ありませんでした。

画面11. 復活した Cortana その11

5. おわりに

見事に Cortana が復活しました。

Microsoft 関連のニュースによると、Windows 10 における「検索」機能と「Cornata」は分離していくようです(最初は統合されていました)。今回 Cortana が使えなかったときに、代わりに「検索」という設定項目(選択項目)が表示されていましたが、この「分離」によるものかもしれません。

ちなみに、CortanaConsent に 0 をセットすれば Cornata が使えなくなります。

📂-Windows Tips

執筆者:labo


  1. 田中 より:

    Windows10の設定にコルタナがなく、HPを拝見しその通りやりましたがSearchの中にCortanaConsentの文字がありません。原因はなんでしょうか。

    • labo より:

      コメントありがとうございます。
      Windows 10 の最新バージョンである 20H2 の場合は、
      タスクバーを右クリックすると、「Cortana のボタンを表示する(O)」
      という項目が存在しており、そこをクリックすると、
      Cortana のボタンがタスクバー上に表示されるようです。
      (本記事は、Windows 10 バージョン1809 について書いています)

  2. 田中 より:

    20H2 でコルタナがでました。ありがとうございました。勝手なお願いですが名前がフルネームで載っているので名字は良いですが下の名前だけ削除できませんか。宜しいお願いいたします。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Windows

Windows のイベントビューアーを使って、何がいつ起きたか調べる

Windows のイベントビューアーを使って、何がいつ起きたか調べる方法について説明します。

Windows

Windows Update (Windows 10) で一部の更新プログラムやドライバーを更新対象外にする方法

Windows 10 特に Home エディションの場合、Windows Update というのはほとんど全自動で動き、ユーザーが動作をコントロールするのは非常に難しくなっています。 そのため、例えば …

WSL

WSL から Windows 10 の ssh-agent (OpenSSH) を利用する

目次1. 問題発生2. Windows 10 の OpenSSH クライアントを準備3. ssh-agent-wsl の利用(1) OpenSSH Authentication Agent サービスを …

Windows

Windows 10 でファイルやフォルダを検索する方法

Windows 10 でファイルやフォルダ検索する方法について説明しています。

Windows

【Windows 10】Windows Update の基礎知識、現在のバージョンを確認する方法

Windows 10 の Windows Update に関する基礎知識、及び現在の バージョン や OSビルド(ビルド番号)を確認する手順について説明します。 ※ このページでは、一般家庭で使用する …