ICT

ローマ字入力について

投稿日:2017年5月31日 更新日:

日本語を入力するには、「ローマ字入力」と「かな入力」の2種類の方法があります。

ローマ字入力」の場合は、キーに印字してあるアルファベットを使います。「」と書きたければ、A が印字してあるキーを押せばよいですし、「」と書きたければ、K が印字してあるキーを押してから A が印字してあるキーを押します(ローマ字では「あ」は「A」ですし、「か」は「KA」です)。


(サンプル画像)

一方、「かな入力」の場合は、キーに印字してあるひらがなを使います。ですので、例えば「」と書きたければ、 が印字してあるキーを押します。


(サンプル画像)

どちらを使えばよいのか

既にどちらかを使っている場合は、そのまま慣れた方をお使い下さい。これからパソコンを始められる方も、基本的にはお好みの方法を使って頂けばよいと思います。しかし、「どちらがよいのですか?」と聞かれましたら「ローマ字入力」をお勧めします。

ローマ字入力をお勧めする理由は以下です。

  • Microsoft IME のデフォルト設定が「ローマ字入力」であるから(Microsoft IME とは Windows に標準でついている日本語入力ソフトウェアです)。
  • ローマ字入力の方が使っている人が多いから。
  • アルファベットのキーをまとめて覚えられるから。

「ローマ字入力」と「かな入力」についての議論を知りたい方は、例えば以下のページをご覧ください。

ローマ字入力の基本

基本は、

あ → A
い → I
う → U
え → E
お → O

です。

小さな「っ」を使った文字の入力

小さな「っ」を使った文字を入力する場合は、「っ」の後ろの文字の最初のキー入力を2回続けて行います。
例えば、「よかった」と入力する場合は、YOKATTA と入力します。

それ以外につきましては、以下の一覧表を参考にして下さい。

ローマ字入力の一覧表

一覧表の注意点

  • キーボードのキーに印字されているのが大文字ですので、この表でもアルファベットが大文字になっています。
  • Microsoft IME で入力を試して作成した表です。

基本となる46文字

小さな文字

小さい「ゃ」などを用いた文字

小さい「ぁ」などを用いた文字

濁音・半濁音

小さい「ゃ」や「ぁ」などを用いた文字(濁音・半濁音)

補足

「普通の文字」+「小さな文字」は、もちろんそれぞれ別々に入力することもできます。しかし、その場合は押さなければいけないキーの数が多くなってしまいます。ですので、このページに載っている入力方法を知っていると入力がラクになります。例えば「きゃ」と書きたい場合、2つを別々に書こうとすると「(KI)」と「(XYA)」になりますので、合わせて5つのアルファベットを入力しなければなります。しかし、、KYA という3つのアルファベットでも入力することができます。

📂-ICT

執筆者:labo


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

「攻略!英語リスニング」が終了していました

遅まきながら、「攻略!英語リスニング」が3月で終了していたことを知りました。 「攻略!英語リスニング」というのは、NHKラジオ第2放送で放送していた語学番組です。毎週1つの英文(長文です)が用意され、 …

ICTリテラシー

SI接頭辞と2進接頭辞

目次1. はじめに2. SI接頭辞と2進接頭辞の対応表3. SI接頭辞が使われている例4. 2進接頭辞が使われている例 1. はじめに 単位に関する接辞としてよく使われるものに、SI接頭辞があります。 …

Mac

macOS High Sierra へのアップグレードでエラーになる場合の対処法

macOS High Sierra へアップグレードした時、以下のエラーが発生してアップグレードに失敗する場合の対処法を紹介します。 「パス”/System/Installation/Packages …

2進数を指で数える方法について

コンピュータの世界では 2進数がよく利用されますが、この2進数を「指で数える」方法というのはいろいろなところで紹介されています。 ちょっと見にくいですが、下図のような数え方をするのが一般的だと思います …

パソコンでもスリープ機能を活用する

パソコンが起動・終了(シャットダウン)に時間が掛かるのに比べて、スマートフォンやタブレットPCはすぐに起動・終了するイメージがあります。 しかしこれにはカラクリがあります。通常、スマートフォンやタブレ …