Web

script 要素の src属性に .js 以外の拡張子を指定してもエラーにはならない

投稿日:2021年11月23日 更新日:

WebページのHTMLにおいて、JavaScriptファイルを読み込むには、

<script src="xxxxx.js"></script>

と書きますが、src属性に指定するファイルの拡張子は .js でなくてもエラーにはなりません。.js以外のファイル(中身はJavaScriptコード)を指定しても普通に処理されます(但し、画像・動画・音声・CSVの拡張子だけはブロックされます)。

ファイルの拡張子によって HTTPレスポンスの Content-Type ヘッダーは変化しますが、一般的なブラウザは script要素で指定されたリソースの Content-Type を無視します。Content-Type ではなく、script要素の type属性に指定された「スクリプトを表すタイプ」を重視します(デフォルトは text/javascript)。

参考

📂-Web

執筆者:labo


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

Web Vitals

highlight.js のハイライト処理を Web Workers で実行する

highlight.js のハイライト処理を Web Workers で実行する方法を紹介します。

Web

未ログイン状態で Facebook を開いた時に表示されるログインウィンドウを消す

目次1. Facebook の仕様変更?2. ブックマークレットの使い方3. 仕組み4. 注意点5. おわりに 1. Facebook の仕様変更? 未ログイン状態で Facebook のページを開く …

Web Vitals

<script>タグのdefer/async属性について(その2:実例)

script タグの属性によって、JavaScript ファイルがどのように読み込まれるのか、3パターンを実際のWebページを使って比べます。

Web

BASIC認証の認証データをクリアする方法

BASIC認証の認証データをクリアする方法を紹介します。

MathJax を試してみました。

MathJax は、HTML上で数式を美しく表示するための JavaScriptライブラリです。 基本的な使い方は、 HTMLファイルに以下を記述して MathJax.js を読み込みます。HTMLフ …