Web

script 要素の src属性に .js 以外の拡張子を指定してもエラーにはならない

投稿日:2021年11月23日 更新日:

WebページのHTMLにおいて、JavaScriptファイルを読み込むには、

<script src="xxxxx.js"></script>

と書きますが、src属性に指定するファイルの拡張子は .js でなくてもエラーにはなりません。.js以外のファイル(中身はJavaScriptコード)を指定しても普通に処理されます(但し、画像・動画・音声・CSVの拡張子だけはブロックされます)。

ファイルの拡張子によって HTTPレスポンスの Content-Type ヘッダーは変化しますが、一般的なブラウザは script要素で指定されたリソースの Content-Type を無視します。Content-Type ではなく、script要素の type属性に指定された「スクリプトを表すタイプ」を重視します(デフォルトは text/javascript)。

参考

📂-Web

執筆者:labo


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

Web

<pre><code>タグが引き起こす モバイルユーザビリティのエラー「コンテンツの幅が画面の幅を超えています」

<pre><code>タグが、モバイルユーザビリティのエラー「コンテンツの幅が画面の幅を超えています」を引き起こしていました。

Chrome

Chrome で拡張機能を使わずにスクリーンショットを撮る方法

Chrome で拡張機能を使わずにスクリーンショットを撮る方法について説明します。

Web

YouTube でコメントが表示されないときの対処法

YouTube でコメントが表示されないときの対処法を紹介します。

Web

BASIC認証の認証データをクリアする方法

BASIC認証の認証データをクリアする方法を紹介します。

Web Vitals

ファーストビューに配置したLCP対象画像に loading=lazyはいらない?

ファーストビューに配置したLCP対象画像と loading属性について説明します。