ICT

マウスは使わずキーボード操作だけでWindowsの設定を変更する例

投稿日:2016年9月9日 更新日:

マウスは使わずキーボード操作だけでWindowsの設定を変更する例です。

今回は例として、「 Ctrl キーを押すとポインターの位置を表示する 」という機能を有効にしてみたいと思います。

1. 「Ctrl キーを押すとポインターの位置を表示する」機能について

Windows の公式ツイートで、この機能が紹介されています。

この中にあるアニメーションGIFを再生してもらうと分かるのですが、Ctrlキーを押すと カーソル(ポインター)のある位置に 丸いアニメーションが表示され、どこにカーソルがあるかすぐ分かるという機能です。

すぐに忘れてしまいそうな機能ですが、それ程邪魔にもならないので 有効にしておいてもよいのではないでしょうか。

2. キーボード操作だけで、この機能を有効にする手順

  1. Windows + I を押して、[設定] 画面を開きます。
  2. Tab右矢印 を押して [デバイス]にフォーカスを移動させ、Enter を押して、[デバイス]の画面を開きます。
    2016-09-09-show-pointer-ctrl-001
  3. Tab下矢印(2回) を押して、[マウスとタッチパッド]にフォーカスを移動させ、Enter を押して [マウス] タブを開きます。
    2016-09-09-show-pointer-ctrl-002
  4. Tab を5回押してフォーカスを [その他のマウスオプション]に移動させ、Enter を押して、[マウスのプロパティ]ポップアップウィンドウを開きます。
    2016-09-09-show-pointer-ctrl-003
    2016-09-09-show-pointer-ctrl-004
  5. Ctrl + Tab を2回押して、[ポインターオプション]タブを開きます。(Ctrlを押しながら、Tab を2回押します)
    2016-09-09-show-pointer-ctrl-005
  6. Tab を5回押して [Ctrl キーを押すとポインターのいちを表示する] にフォーカスを移動させ、Space を押してチェックを入れます。
    2016-09-09-show-pointer-ctrl-006
  7. Enter を押します([OK]ボタンを押したことになります)。
    • [マウスのプロパティ]ポップアップウィンドウが閉じます。
  8. Alt + SpaceC を押して、設定ウィンドウを閉じます。
    2016-09-09-show-pointer-ctrl-007

以上です。

3. まとめ

キーボードによる操作に慣れると、手をマウスに持っていく必要がなくなるため、より素早い操作が可能になります。オススメです。

📂-ICT
-

執筆者:labo


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

テキストファイルを活用しましょう

目次1. テキストファイルとは?2. テキストファイルは特定のアプリケーションに縛られません3. テキストファイルを作成・編集するための「テキストエディタ」4. テキストファイルを便利にするための記述 …

no image

ICTリテラシーに似た言葉

目次ICTリテラシーITリテラシーICTメディアリテラシー情報リテラシーメディアリテラシー ICTリテラシー ICT とは Information, Communication, Technology …

プライバシー

プライバシーを守りつつインターネットを利用する方法(設定編)

インターネットを利用するときに利用するブラウザや、各種サービスにおいて、プライバシーを守るための設定方法を紹介します。 目次1. ブラウザの設定を見直す1-1. サードパーティ・クッキーを無効にする1 …

ICTリテラシー

Yahoo! JAPAN のアカウントを作る際には余計なサービスに登録しないよう注意しましょう

Yahoo! JAPAN のアカウントを作る際、「Tポイント利用手続き」という画面が挟み込まれていますので、必要ない人や心当たりのない人は登録しないようにしましょう。 「Tポイント利用手続き」というの …

Windows

エクスプローラやデスクトップ上で目的のファイルを素早く選択する方法

@Windows_Japan の Twitterアカウントが以下のツイートを行っていました。 【散らばったファイルの中から目的のファイルが見つける #Windows技 】 「数が多すぎて探しているファ …