ICT

マウスは使わずキーボード操作だけでWindowsの設定を変更する例

投稿日:2016年9月9日 更新日:

マウスは使わずキーボード操作だけでWindowsの設定を変更する例です。

今回は例として、「 Ctrl キーを押すとポインターの位置を表示する 」という機能を有効にしてみたいと思います。

1. 「Ctrl キーを押すとポインターの位置を表示する」機能について

Windows の公式ツイートで、この機能が紹介されています。

この中にあるアニメーションGIFを再生してもらうと分かるのですが、Ctrlキーを押すと カーソル(ポインター)のある位置に 丸いアニメーションが表示され、どこにカーソルがあるかすぐ分かるという機能です。

すぐに忘れてしまいそうな機能ですが、それ程邪魔にもならないので 有効にしておいてもよいのではないでしょうか。

2. キーボード操作だけで、この機能を有効にする手順

  1. Windows + I を押して、[設定] 画面を開きます。
  2. Tab右矢印 を押して [デバイス]にフォーカスを移動させ、Enter を押して、[デバイス]の画面を開きます。
    2016-09-09-show-pointer-ctrl-001
  3. Tab下矢印(2回) を押して、[マウスとタッチパッド]にフォーカスを移動させ、Enter を押して [マウス] タブを開きます。
    2016-09-09-show-pointer-ctrl-002
  4. Tab を5回押してフォーカスを [その他のマウスオプション]に移動させ、Enter を押して、[マウスのプロパティ]ポップアップウィンドウを開きます。
    2016-09-09-show-pointer-ctrl-003
    2016-09-09-show-pointer-ctrl-004
  5. Ctrl + Tab を2回押して、[ポインターオプション]タブを開きます。(Ctrlを押しながら、Tab を2回押します)
    2016-09-09-show-pointer-ctrl-005
  6. Tab を5回押して [Ctrl キーを押すとポインターのいちを表示する] にフォーカスを移動させ、Space を押してチェックを入れます。
    2016-09-09-show-pointer-ctrl-006
  7. Enter を押します([OK]ボタンを押したことになります)。
    • [マウスのプロパティ]ポップアップウィンドウが閉じます。
  8. Alt + SpaceC を押して、設定ウィンドウを閉じます。
    2016-09-09-show-pointer-ctrl-007

以上です。

3. まとめ

キーボードによる操作に慣れると、手をマウスに持っていく必要がなくなるため、より素早い操作が可能になります。オススメです。

📂-ICT
-

執筆者:labo


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

2進数を指で数える方法について

コンピュータの世界では 2進数がよく利用されますが、この2進数を「指で数える」方法というのはいろいろなところで紹介されています。 ちょっと見にくいですが、下図のような数え方をするのが一般的だと思います …

データのバックアップ(Windows)

Windows でデータをバックアップするオススメの方法を紹介します。 目次1. バックアップの方針バックアップ先として使用するハードウェアバックアップに使用するソフトウェア2. 使用するソフトウェア …

Windows

エクスプローラやデスクトップ上で目的のファイルを素早く選択する方法

@Windows_Japan の Twitterアカウントが以下のツイートを行っていました。 【散らばったファイルの中から目的のファイルが見つける #Windows技 】 「数が多すぎて探しているファ …

セキュリティ

パスワードについて

目次1. はじめに2. パスワードに関する基本的なこと気を付けることどのような文字列をパスワードとして使えばよいのか?3. 日々増えていくパスワードをどのように管理すればよいのか?1. パスワード管理 …

no image

ソフトウェアRAIDのハードディスク

既に使わなくなって放置しているパソコンの1つに、ソフトウェアRAIDを使っていたものがあります(OSはUbuntuです)。 先日、「どんなファイルが残っていたっけな」と思い、何も考えずにハードディスク …