Web

Glitch プロジェクトの .git ディレクトリ・サイズを小さくしました

投稿日:

1. はじめに

とある Glitch プロジェクトの .git ディレクトリ・サイズが 170MBくらいになっていました。

Glitch を無料で使っている場合、1プロジェクトに割り当てられるディスク容量は 200MB までとなっているため、念の為サイズを縮小しました。

2. 作業内容

手短に実行した内容を紹介します。

まず、ブラウザでそのプロジェクトの編集画面を開きます。

画面左下から [Tools] – [Terminal] を開きます。

[Tools] – [Terminal] をクリックします

ブラウザのウィンドウ下部に Terminal が開くので、コマンドを実行していきます。

Terminal が開きます

以下のコマンドを実行しました。

$ rm .git/objects/pack/tmp_pack_*
$ git prune 
$ git gc --aggressive
$ refresh

この操作により、170MB くらいだった .git ディレクトリが 40MB くらいになりました。

📂-Web

執筆者:labo


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Web

Flexbox を使ってページ全体を中央寄せにする

目次1. はじめに2. やり方3. デモページ4. おわりに参考 1. はじめに CSS(スタイルシート) の Flexbox を使って ウェブページ全体を中央寄せにする例を紹介します。 2. やり方 …

Web Programming

Webプログラミングのための Web入門

この記事では、Webプログラミングで必要になる Webの知識をご紹介します。 目次1. インターネット2. インターネットを土台として存在するプロトコル3. Web とは?4. URL5. HTML2 …

Google App Engine

Google App Engine にデプロイしてあるファイルをダウンロードする

Google App Engine にデプロイしてあるファイルをダウンロードする方法について説明します。

Web

AMP for WordPress プラグインを使って WordPressサイトをAMP対応する手順

目次1. AMP とは?なぜ、AMP が必要なのか?AMP フレームワーク1. AMP HTML2. AMP JS3. AMP キャッシュその他2. AMP for WordPress プラグインにつ …

Web

Uptime Robot を使ってウェブサイトの死活監視を行う

Uptime Robot というウェブサイトの死活監視サービスの使い方を説明します。