ICT

Gmailのタブ操作と日本語キーボード

投稿日:2017年3月3日 更新日:

ブラウザ自体のタブ切り替え操作(左から右に切り替える)には、Ctrl + Tab というキーボードショートカットキーが用意されています。逆順は、Shiftを押しながらこのキーを押します。つまり、Shift + Ctrl + Tab です。

一方、そのブラウザの中で使用する Gmail にも独自のタブがあり、こちらのタブ切り替え操作(左から右)には バッククォートが割り当てられています。逆順での切り替えは チルダです。

以下のスクリーンショットは、ブラウザのタブ(1)の中で Gmail を開いているところです。Gmail自体にも「メイン」「ソーシャル」「プロモーション」といったタブ(2)が並んでいるのが分かります。

ということで、それぞれのタブ切り替えのショートカットキーは被らないように選ばれているわけですが、それだけではありません。実は USキーボードでは、バッククォートチルダは同じキーに割り当てられているのです。そのまま押せば、バッククォートとなり、Shiftを押しながらだと チルダ になります。ブラウザのタブ切り替えに用意されたショートカットキーと同じパターンで操作ができるのです(Shiftなしだと左から右にへ / Shiftを押しながらだと右から左へ)。しかし、日本語キーボードの場合、バッククォートチルダは別のキーに割り当てられており、しかもどちらも Shiftキーを押しながらの入力となります(片方だけ Shift がいらない文字だったりすると更に悲惨でしたが、そこは不幸中の幸いでした。これが意図されたものなのかは分かりません。)。同じタブ切り替え操作なのに、ブラウザと Gmailのタブとで 指の動かし方が違うため、操作していてかなり違和感があります。コンピュータは英語圏主導で進んでいく世界なので、非英語圏のことは無視されて物事が決まることが多いのですが、またかという感じです。

今後、アプリケーション内でタブが二階層ある場合には、今回のキーボードショートカットキーがスタンダードになってくれると統一感があって便利だなと思いますが、日本語キーボードだとちょっと不便ですね。

📂-ICT

執筆者:labo


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Windows

シャットダウンを実行してから、実際に電源がオフになるまでにはタイムラグがあります

Windows 10 においてシャットダウンを実行してから、本当にパソコンの電源が切れるまでには少し時間が掛かります。 デスクトップパソコンの場合、電源がオフになる前にコンセントを抜いてしまうと、シス …

no image

プライバシーに関する記事

プライバシー教育 ピース写真、指紋流出恐れ SNSへの投稿、注意を:暮らし:中日新聞(CHUNICHI Web) 2017/9/14 母親はどこまで息子のTwitterを監視しているのか? | オモコ …

KeePass の使い方

パスワード管理ツールである KeePass について説明します。 スポンサードリンク 目次1. KeePass についてKeePassには、2つのエディションがある2. インストール方法3. 準備作業 …

データのバックアップ(Windows)

Windows でデータをバックアップするオススメの方法を紹介します。 目次1. バックアップの方針バックアップ先として使用するハードウェアバックアップに使用するソフトウェア2. 使用するソフトウェア …

Windows

アニメーションGIFを静止画に分割する方法

目次1. はじめに2. IrfanView の導入IrfanView のインストール日本語化フォト ビューアーの「既定のアプリ」に設定する3. アニメーションGIFを静止画に分割する4. まとめ 1. …