ICT

Chrome ブラウザで Webページを翻訳する

投稿日:2019年5月8日 更新日:

1. Chrome の Webページ翻訳機能

Webブラウザの1つである Chrome には、「翻訳機能」が組み込まれています。

この機能を使うと、開いている Webページ上の文章を その場で 別の言語に変換することができます。

メジャーなブラウザには「拡張機能」が用意されており、後から機能を追加することができますが、その中には「翻訳機能」を持ったものもあるでしょう。それも悪くはないのですが、やはりブラウザに最初から組み込まれているというのはものすごくラクです。

Chrome の開発元である Google社は「Google Translate」という翻訳サービスを開発・運営していますが、その技術を流用しているのだと思われます。

2. 翻訳機能の使い方

使い方は簡単です。

翻訳する

Webページを開いている状態で、どこかを右クリックして「日本語に翻訳」を選択するだけです。

右クリックのメニューから翻訳させます
画面1. 右クリックのメニューから翻訳させます

以下のように、日本語に翻訳されます。

翻訳されました
画面2. 翻訳されました

ページの中の「今、ウィンドウに表示されているエリア」をビューポートと言いますが、この翻訳機能はビューポートに対して行われるようで、画面をスクロールするまで余計な部分の翻訳処理は実行されません。

翻訳を元に戻す

元の言語の表示に戻したい場合は、アドレスバー右端にあるアイコンをクリックし、「原文のページを表示」を選択します。

翻訳を元に戻す
画面3. 翻訳を元に戻す

アドレスバー上の翻訳アイコン

アドレスバー上の翻訳アイコンは、Chrome が自動的に表示する場合もありますが、表示されていなければ、右クリックして「日本語に翻訳」を選択すれば表示されます。

このアイコンが表示されていれば、以下の画面のようにここから翻訳を実行することもできます。

翻訳アイコンから翻訳を実行する
画面4. 翻訳アイコンから翻訳を実行する

また、オプションをクリックすると以下のようにいくつか設定を行うことができます。

オプション
画面5. オプション

本ページでは「英語 ➡ 日本語」の翻訳例しか画面を載せていませんが、表示する言語をここから変更することができます。

3. よくやる使い方

こんな感じで使うことが多いです。

  1. 英文のWebページを開く
  2. すぐさま日本語に変換して読み始める
  3. 翻訳が怪しそうな部分があれば原文に戻し、頑張って解読する
  4. その部分がクリアできたら、また日本語に変換して読み進める
  5. 以上を繰り返す

4. おわりに

この機能は本当に手軽で便利です。

Chrome 以外のブラウザでも、このくらい簡単に翻訳できるとよいのですが。

📂-ICT

執筆者:labo


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

ICTリテラシーに関する記事

目次1. ICT教育2. 官公庁による不便なPDF3. 翻訳サービス4. ソフトウェア全般 1. ICT教育 子どもへのITリテラシー教育【前編】 ITエンジニアの親が、子どもたちにITとSNSを使わ …

ICTリテラシー

情報を信用し過ぎることの危険性

 今回の研究では、子どもを持つ親1374人(平均年齢34歳、男女比は半々)を対象に<子どもに発疹と発熱が3日間続いている>という内容の寸劇を見てもらった。 そして、親を3グループに分け、第1群には「子 …

ICTリテラシー

UDデジタル教科書体で書いた文字のサンプル

UDデジタル教科書体で書いた文字のサンプル画像を用意しました。

Windows 10 をインストールしたら設定する項目

Windows 10 をインストールしたらすぐに設定しておくとよい(かもしれない)項目を紹介します。 目次1. Windows Update 関連Windows Update 後の再起動の日時を設定で …

no image

メディアリテラシーに関する情報

政府機関 総務省|教育情報化の推進|ICTメディアリテラシーの育成 2 ICTメディアリテラシー育成プログラムの調査・開発 (3)学習項目の選定<ICTメディアリテラシー学習項目> リテラシーを身につ …