プログラミング

Riot.jsを使ってみた感想

投稿日:2016年6月8日 更新日:

riot240x

Riot.js を使って、素数判定を行うページを作ってみた感想です。

※ 以前は、ここにその素数判定を実装していたのですが、今はありません。

Riot.jsを使った感想

良い点

  • HTML, CSS, JavaScriptを1ファイルにまとめておけるのは分かりやすい。
  • scopedなCSSがラクで良い。

悪い点

  • コード量が増えると1ファイルに収まらなくなるのでは?
  • HTML, CSS, JavaScriptを1箇所にまとめて管理したいというのであれば、テンプレートライブラリ・CSSフレームワーク・JavaScriptのモジュールバンドラーツールを使えば
    1つのディレクトリにまとめておくことができる(ファイルをインポートできるため)のでそれで良いように思う。
  • テンプレートライブラリ・CSSフレームワーク、JavaScriptのモジュールバンドラーツールと合わせて使えない(使える?)。
  • エディタのシンタックスハイライト機能がちゃんと効かない(1ファイルに複数のシンタックスが存在するため)。

📂-プログラミング
-

執筆者:labo


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

web development

Resource Timing API を使って、リソースの読み込みに掛かった時間を計測する

目次1. Resource Timing API について2. サンプルコード3. PerformanceResourceTiming インターフェイス4. デモページ5. 参考仕様MDNブラウザの対 …

Web Components

Web Components の Slot について

Web Components の Slot について説明します。

Web Components

Web Components: カスタム属性の利用方法

Web Components を使ってカスタム要素を作成し、そのタグを記述する際に、独自の属性を利用する方法について説明します。

時間とともに風景画像の色を変化させるサンプルページを作りました

時間とともに風景画像の色を変化させるサンプルページを作りました。 夕方や夜に変化する効果を狙っています。 目次1. スクリーンショット2. デモ3. ソースコード4. メモ 1. スクリーンショット …

Web Storage を使ったサンプルページを作りました

Web Storage を使ったサンプルページを作りました。 目次1. スクリーンショット2. デモページ3. 動作4. ソースコード5. 参考情報 1. スクリーンショット スクリーンショット 2. …