WordPress

このサイトのサイドバーウィジェットを、ウィジェットブロックエディターに対応しました

投稿日:

少し前のことになりますが、WordPress のバージョンが上がったことで、サイドバーウィジェットが「ウィジェットブロックエディター」で作成することができるようになりました。この変更により、サイドバーウィジェットにも Gutenberg のブロックが使えるようになります。記事ページとウィジェットとで、使える機能の差が小さくなったとも言えます。

この変更による利点は、例えば「画像ブロック」を使って画像を表示すれば、srcset 属性と sizes属性が自動的に追加され、レスポンシブルな <img>要素を生成してくれます。

多少面倒でしたが、本サイトのサイドバーに表示していたウィジェットをすべてブロックで置き換えました。

それまでは、対応するのが面倒だったので Classic Widgets プラグイン をインストールして、ウィジェットの画面を以前のものにしていました。これであれば既存のウィジェットは「レガシーウィジェット」としてそのまま動作します。

WordPress のブロックは複雑な機能だと思いますが、おおよそ問題なく動きます。これだけでもものすごいことです。洗練されていますね。もっと早く対応しておけばよかったと思います。置き換えにくいものは、最悪「カスタムHTMLブロック」を使って、HTMLをそのまま書いてしまうこともできます。

参考

📂-WordPress

執筆者:labo


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

WordPress

【WordPress】Gutenberg をカスタマイズするための情報

WordPress の Gutenberg をカスタマイズするための情報を紹介します。

WordPress

WordPress に関する srcset と sizes 属性値の簡単な説明

目次1. はじめに2. srcset と sizes の仕組み3. WordPress での srcset と sizes3-1. sizes 属性3-2. srcset 属性3-3. [設定] &# …

WordPress

WordPress:本文に<p>や<br>が自動で追加されないようにする方法(wpautop を無効にする)

目次1. WordPress の wpautop 関数2. WordPress は投稿や固定ページの本文に対して wpautop 関数を実行します3. 本文に対する wpautop 関数を無効にする方 …

WordPress

All in One SEO Pack を使っている場合に、Search Console で noindex のエラーが発生する

All in One SEO Pack を使っている場合に、Search Console で noindex のエラーが発生した場合の対応方法について書きました。

WordPress

【WordPress】Failed to load plugin url: /wp-content/plugins/post-snippets/tinymce/langs/ja.js というエラーが表示されました

WordPressで、Failed to load plugin url: /wp-content/plugins/post-snippets/tinymce/langs/ja.js というエラーが発生しました。