ICT

サービスによって異なるユーザー名を使用する

投稿日:2019年3月22日 更新日:

セキュリティの観点から「サービスによって異なるパスワードを使いましょう」という話しはよく聞きますが、プライバシー保護 の観点から、ユーザー名もそれぞれ別にすることが望ましいと思っています。というのは、それぞれのサービスで公開しているデータがあった場合、ユーザー名で紐付いてしまうことがあるからです(それで問題なければいいのですが)。

サービス毎にユーザー名を考えるのは大変なので、以下のようなサービスを使って名前を提案してもらうのがラクです。

また、ユーザー名・パスワードが増えて大変だと感じるかもしれませんが、KeePass のようなパスワード管理ツールを使えば、それほど大変でもありません。但し、そのパスワード管理ツールで管理させているデータはちゃんとバックアップをとるようにしましょう。

📂-ICT

執筆者:labo


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

パソコン内に自分専用の情報データベースをつくる

「趣味や勉強・仕事に関して学んだこと」「日常生活の中で調べたことや気付いたこと」、パソコンを使ってそれらを記録していけば、それが自分専用の情報データベースになります。 目次自分専用の情報データベースを …

テキストファイルを活用しましょう

目次1. テキストファイルとは?2. テキストファイルは特定のアプリケーションに縛られません3. テキストファイルを作成・編集するための「テキストエディタ」4. テキストファイルを便利にするための記述 …

no image

ICTリテラシーにおける英語の必要性

パソコンは「情報」を扱うツールであり、インターネットには膨大な情報が溢れています。インターネット上の「情報の量」を考えた時、英語での情報量は圧倒的です。これらの情報は、インターネットに接続できる環境さ …

セキュリティ

パスワードについて

目次1. はじめに2. パスワードに関する基本的なこと気を付けることどのような文字列をパスワードとして使えばよいのか?3. 日々増えていくパスワードをどのように管理すればよいのか?1. パスワード管理 …

no image

Windows と Mac と Linux について

Windows, Mac, Linux のそれぞれに感じている印象について書きます。 目次Windows 10Mac OS X / OS X / macOSLinuxその他のメモ Windows 10 …