ICT

サービスによって異なるユーザー名を使用する

投稿日:2019年3月22日 更新日:

セキュリティの観点から「サービスによって異なるパスワードを使いましょう」という話しはよく聞きますが、プライバシー保護 の観点から、ユーザー名もそれぞれ別にすることが望ましいと思っています。というのは、それぞれのサービスで公開しているデータがあった場合、ユーザー名で紐付いてしまうことがあるからです(それで問題なければいいのですが)。

サービス毎にユーザー名を考えるのは大変なので、以下のようなサービスを使って名前を提案してもらうのがラクです。

また、ユーザー名・パスワードが増えて大変だと感じるかもしれませんが、KeePass のようなパスワード管理ツールを使えば、それほど大変でもありません。但し、そのパスワード管理ツールで管理させているデータはちゃんとバックアップをとるようにしましょう。

📂-ICT

執筆者:labo


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

ICTリテラシー

低画質の画像を高画質化する技術の注意点

低画質の画像を高画質化する技術の危険性について書いています。

KeePass の使い方

パスワード管理ツールである KeePass について説明します。 スポンサードリンク 目次1. KeePass についてKeePassには、2つのエディションがある2. インストール方法3. 準備作業 …

文字エンコーディング

コンピュータにおいて、「文字」は「コード(数値)」で表します。1つ1つの文字にコードが割り当てられているのです。 目次1. コンピュータにおける文字の基本「ASCII」文字コードASCII制御文字AS …

パソコン内に自分専用の情報データベースをつくる

「趣味や勉強・仕事に関して学んだこと」「日常生活の中で調べたことや気付いたこと」、パソコンを使ってそれらを記録していけば、それが自分専用の情報データベースになります。 目次自分専用の情報データベースを …

Chrome

Chrome ブラウザで Webページを翻訳する

目次1. Chrome の Webページ翻訳機能2. 翻訳機能の使い方翻訳する翻訳を元に戻すアドレスバー上の翻訳アイコン3. よくやる使い方4. おわりに 1. Chrome の Webページ翻訳機能 …