ICT

macOS High Sierra へのアップグレードでエラーになる場合の対処法

投稿日:

macOS High Sierra へアップグレードした時、以下のエラーが発生してアップグレードに失敗する場合の対処法を紹介します。

「パス”/System/Installation/Packages/OSInstall.mpkg”は存在しないか破損しているようです。インストーラを終了してコンピュータを再起動してからやり直してください。」

といっても、あくまで「こんな方法もありますので、1度試してみて下さい」というレベルのお話でして、やり方も簡単なので手短に済ませます。

1. 対策

非常に簡単で、

セーフモード」で起動してアップグレードする。

これだけです。

セーフモードで起動する方法は、以下となります。

  1. Mac を起動したら、すぐに Shift キーを押しっぱなしにする。
  2. グレイの Apple ロゴと進行状況インジケータが表示されたら Shift キーを放す。
    • 成功した場合は、このあたりで画面右上に「セーフブート」と赤字で表示されます。

以前、私はこの方法で成功したことがあります。最初に書いた現象でお困りの方は、是非1度お試し下さい。

※ 念の為、作業前にバックアップをとっておくことをお勧めします。

2. 最初に書いたエラー発生時に、Mac が正常に起動できなくなった場合

冒頭に書いた以下のエラーが発生すると、アップグレード作業前の Mac で正常に起動できなくなることがあります。

「パス”/System/Installation/Packages/OSInstall.mpkg”は存在しないか破損しているようです。インストーラを終了してコンピュータを再起動してからやり直してください。」

この場合は、以下の操作をすることで元の状態に戻すことができました。

  1. 画面上の「再起動」ボタンを押し、Command + Opt + R キーを押しっぱなしにした。
  2. すると、表示された画面上から macOS のディスクユーティリティが選べるようになるので選んだ。
  3. 既存のSSDに対して、マウントのボタンを押したりしたが反応がないようだった。
  4. 仕方ないので、一旦、ディスクユーティリティを終了して再起動した。
  5. すると、通常通りにmacOSが起動した。

なぜこれで直ったのかは不明ですが、一例としてここに書いておきます。

3. おまけ

セーフモードとは?

セーフモードを使って Mac の問題を切り分ける – Apple サポート では、セーフモードについて以下のように説明されています。

Mac をセーフモードで起動すると、次の処理が行われます。

  • 起動ディスクを検証して、必要に応じてディレクトリの問題の修復を試みる
  • 必要なカーネル機能拡張だけを読み込む
  • 起動項目とログイン項目が自動的に開かないように阻止する
  • ユーザがインストールしたフォントを無効にする
  • フォントキャッシュ、カーネルキャッシュ、その他のシステムキャッシュファイルを削除する

引用元:セーフモードを使って Mac の問題を切り分ける – Apple サポート

Mac で何か問題が起きた場合、セーフモードで起動しただけでも問題が解決することもあるようです。

📂-ICT

執筆者:labo


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

Windows と Mac と Linux について

Windows, Mac, Linux のそれぞれに感じている印象について書きます。 目次Windows 10Mac OS X / OS X / macOSLinuxその他のメモ Windows 10 …

no image

普段パソコンを使う上でのキーポイント

目次1. 一般的な事柄2. インターネットで情報を検索3. プライバシー4. セキュリティ5. ハードウェアのメンテナンス 1. 一般的な事柄 画面に表示されたメッセージをちゃんと読むこと(特にエラー …

ICTリテラシー

PNGファイル内の幅と高さを編集する

PNGファイル内の幅と高さを編集する方法について説明します。

写真画像データ管理の基本

デジカメやスマートフォンで撮影した写真のデータ管理についてです。 目次基礎知識一番単純な管理方法付属のソフトウェアまとめ 基礎知識 写真は画像ファイルとして保存されます。画像ファイルには様々な種類があ …

ICTリテラシー

悩ましい電子メールの誤送信 再び

悩ましい電子メールの誤送信について再び書きました。