プログラミング

WordPress で処理を追加したい場合、どこにコードを書けばよいのか?

投稿日:2018年1月17日 更新日:

自分で導入した WordPress でブログを運営していたとします。
ある日、WordPress の動作を変更したくなって 調べてみると、ほんの少し PHPのコードを書けば済むことが分かりました(アクションフックを使うなど)。この場合、どこに書くのが正解なのでしょうか?

テーマに関わる処理であれば、そのテーマの functions.php に書けばよいですが、テーマに関係ない処理であれば、テーマを変えても影響のないところに書きたくなります。

今のところの結論は、「専用のプラグインを自作する」です。

プラグインといっても、ファイル1つでできてしまいますので、それほど面倒でもありません。目的別にプラグインを分けて用意すれば、後々のメンテナンスもラクです。

もっとよい方法がありましたら教えて頂けるとありがたいです。

📂-プログラミング
-

執筆者:labo


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

web development

Web Development for Beginners を読む:レッスン2

目次1. はじめに2. Lesson 2: Introduction to GitHubIntroductionCode managementWorking on projects with othe …

MySQL

MySQL に新たにデータベースと専用ユーザを追加するSQLステートメント

目次1. 本ページに記載する SQLステートメントを使用するシチュエーション2. 前提3. SQLステートメント1. データベースの作成2. ユーザーの作成3. このユーザーに、先ほど作成したデータベ …

Redux

Redux の非同期処理サンプルページを作りました

Redux で非同期処理を行うサンプルページを作りました。 目次1. スクリーンショット2. デモページ3. 動作4. ソースコード5. 参考情報 1. スクリーンショット スクリーンショット 2. …

時間とともに風景画像の色を変化させるサンプルページを作りました

時間とともに風景画像の色を変化させるサンプルページを作りました。 夕方や夜に変化する効果を狙っています。 目次1. スクリーンショット2. デモ3. ソースコード4. メモ 1. スクリーンショット …

web development

Layout Instability API を使ってレイアウト・シフトを検出する

目次1. Layout Instability API について2. サンプルコード3. インターフェイス情報PerformanceObserver interfaceLayoutShift inte …