Windows Tips

Alt + Tab キーでEdgeの個別タブを切り替え候補にしない設定手順(Windows 10 20H2)

投稿日:2020年12月4日 更新日:

1. はじめに

Windows 10 バージョン 20H2 から、Alt + Tab キーによるアプリ切り替え動作にちょっとした変更が加わりました。

2. 20H2 で Alt + Tab の何が変わったのか

変更された挙動について簡単に説明します。

従来

  1. Alt キーを押しながら、Tab キーを1回だけ押す( Alt キーは押したままにする)。
  2. 開いているアプリケーション(ウィンドウ単位)のサムネイルが一覧表示される。
    • このとき、1つ目のサムネイル(1つ前に使っていたアプリケーション)が選択された状態になっている。
    • Alt キーは押したままで、Tab キーを1回押すと、次のサムネイルが選択された状態になる。この操作を繰り返して、目的のサムネイルを選択されたら、Altキーから指を離す。
  3. Alt キーを押すのをやめると、選択されていたアプリケーションが前面に移動する。

20H2 での変更

Edgeブラウザで開かれているそれぞれのタブが、個別のサムネイルとして一覧の中に表示されるようになりました。

1つのタブを1つのアプリケーションとして扱いたい場合を想定しているのだと思います。

20H2 での Alt + Tab キー操作
20H2 での Alt + Tab キー操作

3. 以前の挙動に戻す

以下の手順で、以前の挙動に戻すことができます。

(1) [設定] – [システム] – [マルチタスク] を開く。

[設定] - [システム] - [マルチタスク] - [Alt キーと Tab キー] のところです
[設定] – [システム] – [マルチタスク] – [Alt キーと Tab キー] のところです

(2) [Alt キーと Tab キー] の「Alt キーと Tab キーを押すと表示されます」のところにあるプルダウンメニューで、「ウィンドウのみを開く」を選択する。

「ウィンドウのみを開く」を選択します
「ウィンドウのみを開く」を選択します

4. 問題点

2020年12月上旬の時点で、以下のバグがあるようです。

  • Alt キーを押しながら Tab キーを1回だけ押すと、1つ前のアプリに切り替えられるはずだが、ときどき、更に1つ前のアプリに切り替えられてしまう(一覧表示されたサムネイルの左から3つ目に切り替えられてしまう)。

開発側もこの現象を問題として認識しており、どこかのタイミングで修正されるようです。

関連ページ

5. おわりに

Edge を使っている方で、新しい動作に違和感がある方は、以前の動作に戻しておきましょう。

📂-Windows Tips

執筆者:labo


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Windows

Windows 10 で自分のIPアドレスを調べる方法

Windows 10 で、そのパソコンのIPアドレスを調べる方法について説明します。 ここで紹介している内容は、Windows 10 以前の Windows でもだいたい同じはずです。 目次1. IP …

WSL

【WSL】パスのフォーマットを変換する wslpath コマンドの使い方

目次1. はじめに2. wslpath コマンドオプション-a オプション-u オプション-w オプション-m オプション3. WSL を Windows Terminal で利用する場合4. おわり …

Windows

【Windows 10】ディスクの空き領域を増やす方法

Windows 10 をそれなりに長期間使っていると、必要ないファイルが増えていき、ストレージが無駄に占有されてしまいます。 本ページでは、Windows 10 において空き領域を確保する方法について …

Windows 10 で「ネットワークの場所(プロファイル)」を「パブリック」から「プライベート」に変更する方法

Windows 10 で「ネットワークの場所」を「パブリック」から「プライベート」に変更する方法について説明します。

ダウンロードしたファイルが壊れていないか確かめる方法 (Windowsの場合)

ウェブサイト上から何かのファイルをダウンロードするとき、ダウンロードリンク周辺に「SHA1」/「SHA256」/「MD5」などといった文字とともに、ランダムな文字列が記載されていることがあります。 こ …