Windows Tips

Windows 10 で「ネットワークの場所(プロファイル)」を「パブリック」から「プライベート」に変更する方法

投稿日:2016年9月19日 更新日:

Windows 10 で「ネットワークの場所」を「パブリック」から「プライベート」に変更する方法について説明します。

1. 「ネットワークの場所(プロファイル)」を「パブリック」から「プライベート」に変更する方法(その逆も)(バージョン 1803 以降)

この章は、Windows 10 バージョン 1803 以降を対象にした内容です。

(1) Windows キーを押してスタートメニューを表示し、設定アイコンをクリックします。

スタートメニューから設定を開きます
スタートメニューから設定を開きます

(2) [設定]のウィンドウが開きますので、「ネットワークとインターネット」を選択します。

[ネットワークとインターネット]
設定ウィンドウ

(3) [状態]タブを選択して「接続プロパティの変更」をクリックします。もしくは、[Wi-Fi]タブか[イーサネット]タブを選択して、現在接続しているネットワークをクリックします。

[状態]タブ →「接続プロパティの変更」
[状態]タブ →「接続プロパティの変更」
[Wi-Fi]タブ → 現在接続しているネットワーク
[Wi-Fi]タブ → 現在接続しているネットワーク

(3) 以下の画面で、ネットワークプロファイルを選択することができます(「パブリック」もしくは「プライベート」)。

現在接続しているネットワークに関する設定
現在接続しているネットワークに関する設定

以上です。

ネットワーク プロファイル(ネットワークの場所、種類)

ネットワーク プロファイル(ネットワークの場所、種類)である「プライベート」と「パブリック」には、以下の違いがあり、コンピュータが接続されたネットワーク環境によって切り替えて使います。

プライベート

  • 接続しているネットワークが信用できる場合に選択する(自宅など)。
  • ネットワーク上のすべてのコンピューターが認識できる
  • コンピュータどうしのファイル・フォルダ・プリンターなどがネットワークを通じて利用可能になる(ネットワーク検索が自動的に有効になる)。

パブリック

  • 接続しているネットワークが信用できない場合に選択する(外出先、公共の場所など)。
  • 使用しているコンピューターが、周囲の他のコンピューターから見られないようになる

2. 1 の「ネットワーク プロファイル」が表示されない場合があります

先程説明した「ネットワーク プロファイル」の変更部分が表示されないことがあります。

「ネットワーク プロファイル」がありません!?
「ネットワーク プロファイル」がありません!?

考えられる原因

「はじじ」様からのコメントにより、「Avast機密データシールド」をオフにするとよいという情報を頂きました。少し調べてみると、Fix Missing Network Profile in Windows 10 – YouTube という動画にもあるように、Avast のファイアウォール機能が「ネットワークの場所」の設定をコントロールしてしまっているようです。

この手のアンチウイルスソフトやファイアウォール製品を使っている場合は、そちらの設定をチェックしてください。

それでも設定が表示されない場合

その場合は、次に説明する「PowerShell を使う方法」により「ネットワークの場所」を変更してください。

3. PowerShell を使う方法

(1) PowerShell を管理者として実行します

スタートメニューを右クリックするか、もしくは Windows + X キーを押し、以下のメニューを表示します。

この中にある [Windows PowerShell(管理者)] を選択して、PowerShell を起動します。

PowerShell を管理者として実行します
PowerShell を管理者として実行します

(2) 使用中の接続プロファイルを表示します

以下のコマンドを実行して、使用中の接続プロファイルを表示します。

Get-NetConnectionProfile

実際に実行すると以下のように結果が表示されます。

PS> Get-NetConnectionProfile

Name             : XXXXXXXXXX   ← このプロファイルの名前
InterfaceAlias   : Wi-Fi
InterfaceIndex   : 20           ← このプロファイルの番号
NetworkCategory  : Private      ← ネットワークの場所
IPv4Connectivity : Internet
IPv6Connectivity : NoTraffic

この例では、このプロファイルの番号は「20」、ネットワークの場所は「プライベート」になっていることが分かります。

(3) このプロファイルの「ネットワークの場所」を変更します

例えば、「20」番のプロファイルのネットワークの場所を「パブリック」に変更するには、以下のコマンドを実行します。

PS> Set-NetConnectionProfile -InterfaceIndex 20 -NetworkCategory Public
  • 最後の部分で指定する文字列は、プライベートにするなら「Private」、パブリックなら「Public」となります。

これで変更できたはずなので、exit コマンドを実行して、PowerShell を終了します。

(4) 変更できたか確認します

1 と同じように、[設定] – [ネットワークとインターネット] – [状態]タブを開き、現在の「ネットワークの場所」を確認します。

「ネットワークの場所」を確認します
「ネットワークの場所」を確認します

4. レジストリエディターを使う方法

レジストリエディターでレジストリの値を変更する方法です。

(1) レジストリエディターを起動します

Windows + R キーを押すと「ファイル名を指定して実行」が起動するので、「regedit」と入力して [OK] ボタンを押します。

レジストリエディターが起動します(管理者の権限が必要です)。

ファイル名を指定して実行

ファイル名を指定して実行

(2) ネットワークプロファイルの位置まで辿っていきます

レジストリエディターの左側のエリア内で、以下の階層を辿っていきます。

HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\NetworkList\Profiles
階層を辿っていきます

階層を辿っていきます

(3) 目的のプロファイルを探します

[Profiles] の直下には、ネットワークのプロファイルが存在しているはずです。それぞれクリックすると、右側の [ProfileName] に名前が表示されるので、ここを見て目的のプロファイルがどれか探します。(次の手順の画像を参照してください)

(4) Category の値を変更します

左側で目的のプロファイルを選択した状態にします。
このとき、右側に表示される [Category] が「ネットワークの場所」を表しています。

[Category] が「ネットワークの場所」を表しています

[Category] が「ネットワークの場所」を表しています

「Category」の部分を右クリックして [修正(M)…] を選択します。

[修正(M)…] を選択します

[修正(M)…] を選択します

[値のデータ] に「ネットワークの場所」を表す数字を入力します。

[値のデータ] に「ネットワークの場所」を表す数字を入力します

[値のデータ] に「ネットワークの場所」を表す数字を入力します

入力する数字は以下に従ってください。

 
ネットワークの場所
パブリック (Public) 0
プライベート (Private) 1
ドメイン (Domain) 2

入力したら [OK] ボタンを押し、レジストリエディターも終了させます。

(5) Windows を再起動します

ここまできたら Windows を再起動します。

参考

5. ローカル グループ ポリシー エディターを使う方法

ローカル グループ ポリシー エディターを使う方法です。

※ Windows 10 Home で ローカル グループ ポリシー エディターを使う方法については、以下の記事を参照してください。

Windows

Windows 10 Home で「ローカル グループ ポリシー エディター」を使う方法

2019.11.18

(1) ローカル グループ ポリシー エディター を起動します

Windows + R キーを押すと [ファイル名を指定して実行] のポップアップウィンドウが表示されるので、「gpedit.msc」と入力して [OK] ボタンを押します。これにより、ローカル グループ ポリシー エディターが起動します。

(2) 接続済みネットワークの項目を表示します

ウィンドウ内左の階層で、[コンピューターの構成] – [Windows の設定] – [セキュリティの設定] – [ネットワーク リスト マネージャー] と辿ります。

すると、右側に現在接続中であるネットワークの名前が現れるので、その部分をダブルクリックします。

(3) 接続済みネットワークのプロパティで「場所の種類」を変更します

接続済みネットワークのプロパティウィンドウが表示されるので、[ネットワークの場所] タブを開き、[場所の種類] にある選択肢を変更します。

  • 未構成
  • プライベート
  • パブリック

※ 通常この選択肢は「未構成」が選択されています。

[場所の種類] にある選択肢を変更します
[場所の種類] にある選択肢を変更します

6. 過去の内容(バージョン 1803 より前)

この章は、Windows 10 バージョン 1803 より前の内容です。
以前は、設定を変更する手順に少し問題があったりしていましたので、対応方法など細かい話しが書いてあります。

1. 「ネットワーク プロファイル(ネットワークの場所)」を「プライベート」に変更できない?

家庭や職場において、Windows 10 で ファイル共有したい場合(または、ホームグループを使いたい場合)、「ネットワーク プロファイル(ネットワークの場所)」を「プライベート」にする必要があります。
(関連:存在しているはずのホームグループが見つからない場合の対処法 (Windows 10)
(補足:Windows 10 バージョン 1803 で、ホームグループ機能は削除されてしまいました。)

「パブリック」を「プライベート」に変更するには、[設定] – [ネットワークとインターネット] – [Wi-Fi](有線LANで接続している場合は、「イーサネット」)にて、接続しているネットワークをクリックし、

2016-09-19_15_23_10-%e8%a8%ad%e5%ae%9a_wifi

[プライベート] にチェックを入れる方法があります。
しかし、この項目が表示されないことがあります。

※ [設定] を開くには、Windows キーと i キーを同時に押します。

[ネットワーク プロファイル]
[ネットワーク プロファイル]
以前はここで以下の画面が表示され、[このPCを検出可能にする] をオンにしていました。
2016-09-20_11_19_36-clipboard

他には、[コントロールパネル] – [ホームグループ] の [ネットワークの場所の変更] から行う方法があります。しかし、この[ネットワークの場所の変更] も表示されない場合があるようです(今のところ原因は不明です)。

[コントロールパネル] – [ホームグループ] の [ネットワークの場所の変更]

補足: ホームグループの場所について

[コントロールパネル]は 、画面左下の Windowsアイコン(Windowsアイコン)をクリックしてスタートメニューを表示した後、”con” と入力すると出てきます。コントロールパネルを開いたら、[表示方法] のところで「小さいアイコン」を選択すると「ホームグループ」の項目が現れます。

[小さいアイコン] を選択します
[ホームグループ] を選択します

それでは、対策をいくつか書いていきます。

2. 「ホームグループのトラブルシューティングツール」を使う方法(2018-02-12 追記)

コメントで教えて頂いた方法です。(さる様、情報ありがとうございました!)

(1) Windows キーを押してスタートメニューを表示し、設定アイコンをクリックします。

設定を開きます
[設定] を開きます

(2) [設定]のウィンドウが開きますので、「ネットワークとインターネット」を選択します。

[ネットワークとインターネット]
[ネットワークとインターネット]

(3) 左側で「状態」が選択されていることを確認した上で、右側にある「ホームグループ」をクリックします。

ネットワークとインターネットの画面
ネットワークとインターネットの画面

(4) 「ホームグループのトラブルシューティング ツールの開始」をクリックします。

ホームグループの画面
ホームグループの画面

(5) 以下のように特に何も表示されなければ、「次へ」ボタンをクリックします。

ホームグループのトラブルシューティング ツール
ホームグループのトラブルシューティング ツール

(6) 以下のように何か問題が見付かったような画面になったら、「この手順をスキップする」をクリックします。

この手順をスキップする
この手順をスキップする

(7) この後、 「ネットワークをプライベートに変更する」という意味のボタンが表示されたら、そのボタンを押します。(私の環境では再現しませんでしたので、スクリーンショットは撮れませんでした)

3. エクスプローラーを使って「プライベート」に変更する方法

もう一つの方法です。まずは エクスプローラーで [ネットワーク] を開きます。

エクスプローラーで [ネットワーク] を開きます

すると、「ネットワーク探索とファイル共有が無効になっています。ネットワーク コンピューターとデバイスは表示されません。変更するにはクリックしてください…」と表示されますので、ここをクリックします。

赤枠のところをクリックします

「ネットワーク探索とファイル共有の有効化」をクリックします。

「ネットワーク探索とファイル共有の有効化」をクリックします

「いいえ、接続しているネットワークをプライベート ネットワークにします」をクリックします(家でこの作業を行っているという前提です)。

エクスプローラーで「ネットワーク」を開いた時に

以下のポップアップウィンドウが表示された場合は [OK]を押してください。

[OK]を押してください

7. 主な更新履歴

(変更 2018-09-09)
Windows 10 バージョン 1803 以降の内容として 「1. 「ネットワークの場所(プロファイル)」を「パブリック」から「プライベート」に変更する方法(その逆も)(バージョン 1803 より前)」を新たに追加しました。それに伴い、以前の内容を「2. 過去の内容(バージョン 1803 より前)」に移動しました。

Windows でのトラブルについては、この他にいくつか書いていますので参考にして下さい。

2018-09-09 より前の更新履歴

エクスプローラーからしか、ネットワークの場所が変えられないというのはおかしいです。何か別の方法があるかもしれません。分かり次第ここに追記する予定です。

(追記 2018-02-12)
ホームグループの設定から対応できる可能性があることが分かりましたが、まだ少し分かりづらい気がします。

(追記 2018-06-01)
Windows 10 バージョン 1803 からホームグループ機能が削除されてしまいました。
参考:ホームグループは Windows 10 (Version 1803) から削除されました – Windows Help

8. 関連情報

Windows

Windows 10 でファイル・フォルダを共有する方法

2018.07.25
Windows

【Windows 10】ネットワーク設定画面の関係図

2019.11.12

📂-Windows Tips
-,

執筆者:labo


  1. さる より:

    接続プロファイルをプライベートに変更する方法を検索しているとこのサイトにたどり着きました。
    ここに掲載されている方法でも変更することができずいろいろ試してみたところ、次の手順で無事設定することができました。

    1, コントロールパネル > ホームグループ < ホームグループのトラブルシューティングツールの開始 を開く

    2,「ネットワークの問題をトラブルシューティングする」→" この手順をスキップ "を押す

    3, ネットワークをプライベートに変更するという旨のボタンが表示されるめ、それを押す

    ご参考になれば幸いです。

  2. トラちゃん より:

    1803では,
    Windowsの設定 > ネットワークとインターネット > 接続プロパティの変更 
    と進んで,ネットワークプロファイルの項目で,プライベート or パブリック を選択すれば切替できますよ?? むしろ簡単になったと思います。

    • labo より:

      ご指摘ありがとうございます。
      1803 以降の内容を独立させ、以前の内容とは区別がつくように変更しました。

  3. はじじ より:

    いつもお世話になっています。
    『プライベート』の選択肢がなく悩んでおりましたが、何のことは無い、Avastの機密データシールドがオンになっていたためでした。
    Windowsの選択肢すら消してしまうとは思いませんでした。
    参考まで。

    • labo より:

      貴重な情報ありがとうございます!
      YouTube にも、Avast が影響している旨の動画を見つけました。
      こういう影響があるのであれば、どこかで通知して欲しいですね。
      本文にも追加致しました。

  4. 佐藤 達哉 より:

    大変勉強になっています。
    1903でも上記の方法でprivateになるのですが、再起動するとpublicにもどってしまいます。
    他いろいろやってみましたがだめでした。avastもインストールしていません。どうしたものか途方に暮れております。

  5. labo より:

    コメントありがとうございます。
    少し調べてみたのですが、今のところこれといった情報は見つかっていません。
    (avast のように、ネットワーク設定を上書きしてしまうソフトウェアがインストールされているのかもしれません。)
    また何か分かったことがありましたら追記致します。

  6. 森 晴彦 より:

    初めまして、私も上記の佐藤 達哉様同様に「設定」-「ネットワークとインターネット」-「状態」にプライベートとパブリックの切り替えが表示されず、「PowerShell」にてプライベートに変更後、再起動するとパブリックに戻っておりました。
    参考になるかどうかですが「インターネット接続可能な状況」で再起動すると「プライベート」になりますが、LANケーブルを抜いてインターネット接続ができない状況で再起動すると「パブリック」になってしまいます。
    インターネット接続をしない環境でファイル共有をしたいのですが?無理なのでしょうか?

    • labo より:

      貴重な情報ありがとうございます。

      ルーター等を利用して構成したネットワークに接続せず、1つのPCから他のPCにファイルをコピーしたいということでしたら、例えば以下のような方法があります。
      (1) USBメモリや外付けHDDを使う
      (2) USBリンクケーブルで2つのPCを接続してファイルをコピーする。
      (いろいろな製品が売られています)
      (3) クロスLANケーブルで2つのPCを接続してファイルをコピーする。

      再起動するとパブリックに戻ってしまう問題については、海外のサイトなどもチェックしていますが、これといった解決策が見つかっておりません。
      見つかってはいないのですが、1つの可能性として「5. ローカル グループ ポリシー エディターを使う方法」を本記事に追記しましたので、そちらも参考にしてください。

  7. […] 参考:ラボラジアン Windows 10 で「ネットワークの場所(プロファイル)」を「パブリック」から「プライベート」に変更する方法 […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

画像をモノクロ2階調に変換する方法(GIMP使用)

画像をモノクロ2階調に変換する方法について説明します。 「グレースケール」ではなく「モノクロ2階調」です。 目次1. グレースケールとモノクロ2階調2. なぜ、モノクロ2階調にするのか?3. 本ページ …

ダウンロードしたファイルが壊れていないか確かめる方法 (Windowsの場合)

ウェブサイト上から何かのファイルをダウンロードするとき、ダウンロードリンク周辺に「SHA1」/「SHA256」/「MD5」などといった文字とともに、ランダムな文字列が記載されていることがあります。 こ …

Windows

Windows で「スタートアップフォルダ」を開く方法

Windows で「スタートアップフォルダ」を開く方法です。 (1) Windows + R キーを押して、「ファイル名を指定して実行」ウィンドウを開く。 (2) “shell:start …

Windows

PDFファイルのアイコンにサムネイルプレビューを表示する

PDFファイルのアイコンに、内容のプレビューを表示する方法について説明します。

Windows

コンテキストメニューに任意のアプリケーションを追加する

Windows 10 で、コンテキストメニュー(ファイルを右クリックすると表示されるメニュー)に任意のアプリケーションを追加する方法を紹介します。