Windows Tips

【Windows 10】ディスクの空き領域を増やす方法

投稿日:2018年9月19日 更新日:

Windows 10 をそれなりに長期間使っていると、必要ないファイルが増えていき、ストレージが無駄に占有されてしまいます。
本ページでは、Windows 10 において空き領域を確保する方法について紹介します。

1. ディスクのクリーンアップ (ドライブのプロパティから実行する)

ディスクのクリーンアップ」は、Windows 10 の標準機能です。必要性の低いファイルを検出してくれるので、ユーザーはその中から項目を選択して削除することができます。

利用手順

(1) 対象とするドライブのプロパティを開きます。

ドライブのプロパティを開く
対象ドライブを右クリックしてプロパティを開きます

(2) [全般]タブにある [ディスクのクリーンアップ]ボタンをクリックします。

[全般]タブにある [ディスクのクリーンアップ]ボタン
[全般]タブにある [ディスクのクリーンアップ]ボタン

(3) 削除対象になりえるファイルが調査されますので、しばらく待ちます。

(4) 次のウィンドウが表示されます。

ディスクのクリーンアップ画面
ディスクのクリーンアップ画面

(5) [削除するファイル]項目の中から、実際に削除する項目にチェックを入れます。

[システムファイルのクリーンアップ]ボタンを押すと、Windows のシステムに関連するファイルの中から削除対象となりえるものも調査してくれます。その結果、[削除するファイル]項目にいくつかの項目が追加されるので、実際に削除する場合はそちらにもチェックを入れておきます。

[削除するファイル] 項目(Cドライブを対象とした場合)

  • ダウンロードされたプログラム ファイル
  • インターネット一時ファイル
  • システムによって作成された Windows エラー報告ファイル
  • DirectX シェーダー キャッシュ
  • 配信の最適化ファイル
  • ごみ箱
  • 一時ファイル
  • 縮小表示

[システム ファイルのクリーン アップ]ボタンを押すと追加される項目

  • Windows Update のクリーンアップ
  • Windows Defender ウイルス対策
  • Windows アップグレード ログ ファイル
  • デバイス ドライバー パッケージ

※ ドライブによって表示される項目は異なります。

(6) [OK]ボタンをクリックすると削除処理が開始されます。

「Windows Update のクリーンアップ」項目にチェックを入れた場合、かなり時間が掛かり(1時間以上掛かることもあります)、更に Windows の再起動も求められます。注意しましょう。

2. ディスクのクリーンアップ ([設定] – [システム] – [ストレージ]から実行する)

[設定] の画面からでも、ディスクのクリーンアップを行うことが可能です。

利用手順

(1) スタートメニューを開き、設定アイコンをクリックして [設定]画面を開きます。

[設定]画面を開きます
[設定]画面を開きます

(2) [システム] を選んで、[ストレージ]タブを開きます。

(3) 画面右側にある [今すぐ空き領域を増やす] の部分をクリックします。

[設定] - [システム] - [ストレージ] - [今すぐ空き領域を増やす]
[設定] – [システム] – [ストレージ] – [今すぐ空き領域を増やす]

(4) 削除対象となりえるファイルの調査処理が始まりますので、少し待ちます。

(5) 調査処理が終了すると以下の画面が表示されますので、先ほどと同じように、実際に削除する項目にチェックを入れ [ファイルの削除]ボタンを押します。

3. 必要ないファイルを手動で削除する

「ディスクのクリーンアップ」では削除されないものの、削除してよいファイルもありますので、それらを手動で削除します。

C:\Windows\Temp 内のファイル

C:\Windows\Tempは、一時ファイルが格納されるフォルダですので、その中のファイルは削除して構いません。

C:\Windows\Temp フォルダ内のファイルを削除する
C:\Windows\Tempフォルダ内のファイルを削除する

C:\Users\{ユーザ名}\AppData\Local\Temp 内のファイル

これも一時ファイルが格納されるフォルダですので、その中のファイルは削除して構いません。

AppData は隠しフォルダですので、フォルダーオプションにて「隠しファイル、隠しフォルダー、および隠しドライブを表示する」にチェックを入れておかないと表示されません。

4. まとめ

気付いたことが有りましたら、内容を追加していきます。

📂-Windows Tips

執筆者:labo


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

Windows

Windows でアプリケーションを閉じるキーボードショートカットキー

Windows でアプリケーションを終了させるには Alt + F4 というショートカットキーがあるのですが、Alt + Space を押してから C を押すという方法もあり、後者だけ覚えておけばよい …

Windows

存在しているはずのホームグループが見つからない場合の対処法 (Windows 10)

Windows 7 以降では「ホームグループ」という機能を使い、複数のパソコンでファイルを共有することができます。 1つのネットワーク内で誰かがホームグループを「作成」しておけば、共有する1つのパスワ …

WSL

WSL のターミナルから Windows側のGUIアプリを実行する

WSL のターミナルエミュレータ(以下「ターミナル」と記述します)上から、Windows側のGUIアプリを起動する場合は、以下のようなコマンドで実行することをお勧めします。 $ {Windows側の実 …

Windows

【Windows】起動・シャットダウンなどで発生するイベント

目次1. はじめにイベントビューアー今回調べたところ2. 起動・シャットダウンなどで発生するイベント2-1. シャットダウン関連のイベントソース:Kernel-Power、イベントID:1092-2. …

Windows

Windows 10 のスリープと休止状態を利用する

Windows 10 における「スリープ」と「休止状態」の違いについて説明します。