Windows トラブル

【 Windows 10】USB接続の外付けHDDが正常に取り外せない問題の対策

投稿日:2018年6月18日 更新日:

Windows 10 で、USB接続の外付けHDDが正常に外れなくなった場合の対応方法をいくつか紹介します。

1. 現象

Windows 10 に USB接続していた外付けHDDを外そうとしたら、以下のように「USB 大容量記憶装置の取り外し中にエラーが発生しました」というエラーが発生することがあります。

エラーその1
エラーその1
エラーその2
エラーその2

エラーの内容を読むと、何かのプログラムが この外付けHDD を掴んだままになっているのが原因のようですが、それがどのプログラムなのか分からないので対応が難しいです。

こうなると、「一旦、サインアウトする」や「Windows 10 を終了する(再起動する)」ことで対応している人も多いのではないかと思います。

このページでは、それとは別の対応方法を紹介します。

2. 対応方法

その1:リソースモニターをチェックする

「リソースモニター」を使って、外付けHDD内のファイルを使用しているアプリケーションを探します。

[スタートメニュー] を開き、”リソース” と入力すると「リソースモニター」というアプリケーションが現れますので、クリックして起動してみてください。

リソースモニター内の [ディスク] タブを開くと、「現在、どのアプリケーションがどのファイルを使っているか」を確認することができます。

リソースモニター
リソースモニター

もし、外付けHDD内のファイルを開いているアプリケーションがあれば、そのアプリケーションを終了させましょう。

但し、外付けHDDが取り外せない原因が必ずここで分かるとは限りません。外付けHDD内のファイルが、ここに1つも表示されていない場合でも、外付けHDDが取り外せないこともあります。

その2:イベントビューアーでログをチェックする

イベントビューアーでログをチェックします。

これは正攻法な対応だけに、原因が分かることも多い印象です。たいていは、外付けHDDの内容を読み込むアプリケーションが「取り外し」を止めています。

手順

(1) 外付けHDDを取り外そうとして、エラーを発生させます。

(2) [スタートメニュー] を開き、”イベント” と入力すれば「イベントビューアー」が表示されますので、そこをクリックしてイベントビューアーを開きます。

(3) 以下の画面にあるように、[Windows ログ] – [システム] に表示されているログをチェックしていきます。警告やエラーになっているログの内容を読んで、関連してそうかを判断します。

Everything が USBデバイスの取り外しを停止させているのが分かります

上の画面であれば、Everything.exe というプログラミングが USBデバイスの取り外しを停止させているので、Everything.exe を終了させます。

タスクマネージャー(Taskmgr.exe) が USBデバイスの取り外しを停止させているのが分かります

上の画面であれば、タスクマネージャー (Taskmgr.exe) が USBデバイスの取り外しを停止させているので、タスクマネージャーを終了させます。

(4) 再度、外付けHDDを取り外します。

Windows

Windows のイベントビューアーを使って、何がいつ起きたか調べる

2019.03.08
Windows Defender Antimalware Application の中心的なプログラムである MsMpEng.exe がUSBデバイスの取り外しを停止させている場合は、次の「ディスクを一旦オフラインにしてから戻す」という方法が有効です。

その3:ディスクを一旦オフラインにしてから戻す

外付けHDDを一旦オフラインにし、再度オンラインにしてから取り外しを試します。

ディスクの管理 は操作を間違えると、ディスクのデータを消すことにもなりかねないですので、以下の操作は自己責任でお願いします。

手順

(1) まず、Windows + X キーを押してクイックメニューを表示し、ディスクの管理を選択します。

クイックメニュー

(2) ディスクの管理が開いたら、外付けHDDの左側のあたりを右クリックし、[オフライン] を選択します。

ディスクの管理

すると、以下のようにオフラインになります。

オフラインの状態

(3) 再度右クリックして [オンライン] を選択します。

オンラインに戻します

(4) ディスクの管理での操作は以上です。再度、外付けHDDの取り外しを試します。

その4:しばらく待つ

外付けHDDに対してアクセスしている途中である場合もあるので、処理が終わるまで待ちます。外付けドライブのケースにアクセスランプがある場合は、ランプが点滅から点灯になるまで待ちましょう。

その5:取り出しを何度も試す

「ハードウェアを安全に取り外してメディアを取り出す」から該当するデバイスの取り外しを何度か試します。

数回やると取り外せることがあります。

ハードウェアを安全に取り外してメディアを取り出す
ハードウェアを安全に取り外してメディアを取り出す
この「何度も取り外しを試す」というのは、これ以降に書いた対策を実行した後でもやってみることをお勧めします。

その6:「高速スタートアップ」を無効にする

これは、問題が起きた時に行う方法ではなく、「予め設定しておく」という予防的な対策です。

(1) コントロールパネルを開きます。

スタートメニューを開き、”con” と入力すると「コントロールパネル」が表示されるのでクリックします。

スタートメニューからコントロールパネルを開く
スタートメニューからコントロールパネルを開く

(2) 「電源オプション」を開きます。

「表示方法」で「小さいアイコン」を選択し、「電源オプション」をダブルクリックします。

「電源オプション」を開く
「電源オプション」を開く

(3) 「電源ボタンの動作の選択」をクリックします。

「電源ボタンの動作の選択」をクリックする
「電源ボタンの動作の選択」をクリックする

(4) 「シャットダウン設定」がグレーになっており編集できない場合は、「現在利用可能ではない設定を変更します」をクリックします。

「シャットダウン設定」を変更可能にする
「シャットダウン設定」を変更可能にする

(5) 高速スタートアップを無効にします。

「高速スタートアップを有効にする(推奨)」のチェックを外し、「変更の保存」をクリックします。

高速スタートアップを無効にする
高速スタートアップを無効にする

この設定を行ったら、しばらく様子をみましょう。

その7:「エクスプローラー」を再起動する

こちらは、エクスプローラーがHDDを掴んだままになっている場合に有効です。これが原因で、外付けがHDDが外れないことが多いように思います。

エクスプローラー
エクスプローラー

といっても、何が原因になっているのか判別するのは難しいですので、「ひょっとしたらそうかもしれない」と思えた時に試してみて下さい。

具体的な手順は以下のページに書いてありますので参考にしてください。

Windows

Windows 10 で エクスプローラーを再起動する

2018.06.26

エクスプローラーが原因で外付けHDDが外せないのであれば、これで外せるようになるはずです。

その8:タスクマネージャーを終了させる

タスクマネージャーは「取り外し」を止めてしまいます。

タスクマネージャーを開いていた場合は、終了させましょう。

タスクマネージャー
タスクマネージャー

その9:ターミナルエミュレータを終了させる

あまり使っている人は少ないと思いますが、「ターミナルエミュレータ」と呼ばれるアプリケーションを起動したままだと、外付けデバイスを掴んだままになってしまうことがあります。一旦終了させましょう。

ターミナルエミュレータの例

その10:一旦、サインアウトする

作業中のアプリケーションは終了させ、一旦サインアウトします。

あまりやりたくありませんが、仕方ありません。

[スタートメニュー] を開き、アカウントのアイコンをクリックして [サインアウト] を選びます。その後、もう一度サインインしてください。

一旦、サインアウトする

一旦、サインアウトする

その11: Windows をシャットダウンする

おそらく、サインアウト → サインイン で解決するとは思うのですが、それでもダメな場合はシャットダウンしかありません。

3. おわりに

他の方法がありましら追記します。

また、USB接続HDD の「取り外し」ではなく「認識」がされない問題に関しては、以下のページを用意しています。こちらも参考にしてください。

Windows

USB接続の外付けHDDが正常に認識されない問題の対策 (Windows 10)

2017.04.14

スポンサードリンク

📂-Windows トラブル

執筆者:labo


  1. 修太郎 より:

    掲載のすべての方法を試しましたが、取り出しは出来ませんでした。
    SSDそのものが一部破損しているのかもしれません。
    そのほかに方法がありましたらお願いします

    • labo より:

      コメントありがとうございます。
      他の方法があるのかもしれませんが、残念ながら私は今のところは本記事に書いた方法しか知りません。
      最終手段としては、Windows をシャットダウンした後、外付けHDD(SSD)に接続しているUSBケーブルを抜くことになると思います(外付け側に電源がある場合はオフにしてから抜きます)。

      また、普段から CrystalDiskInfo などのアプリケーションを常駐させ、ディスクの健康状態を監視するとよいと思います(問題が検知されると知らせてくれます)。CrystalDiskInfo であれば、外付けHDD (SSD) の健康状態も表示してくれます(接続したときに)。
      参考:https://crystalmark.info/ja/

  2. より:

    現時点では情報は古くなり、同じような適用はできないようです。(載っているような表示がでない)
    残念ですが、ありがとうございました。

    • labo より:

      コメントありがとうございます!
      表示できないのは、どの部分でしょうか?
      こちらでもチェックしてみます。

    • m より:

      情報は古くないと思うけど(少し表記が違っても操作方法自体は変わらない)。
      見る部分が違うとかそちらのシステムが古いのでは

  3. たま より:

    イベントビューアー → MsMpEng.exeを確認 → ディスクをオフラインからオンライン
    これでいつものシャットダウンから解放されました。
    大変有益な情報を感謝いたします。

    • labo より:

      もう少しスマートなやり方があればよいのですが、今のところ見つかっていませんので、わたしもオフライン→オンラインで対応しております。
      ご報告ありがとうございました。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

Windows 10 でUSB無線LAN子機を使うとブルースクリーンになる問題への対応方法

Dell Latitude E6420 というノートPCのOSを Windows 7 から Windows 10 にアップグレードした際に起きた問題への対応方法を紹介します。 目次問題となった現象対応 …

Windows

【Windows 10】スリープ復帰後に Wi-Fi がつながらない場合の対応手順

目次1. スリープ復帰後に Wi-Fi がつながらない!?2. 対応手順3. バッチファイル版 4. おわりに 1. スリープ復帰後に Wi-Fi がつながらない!? Windows 10 で以下の現 …

Windows 10 でスマホがMTP接続できない問題の解決手順

Androidスマートフォンでタイトルの問題が発生したのですが、解決しましたのでその手順を紹介します(iPhoneでは試していません)。 目次(追記)1. 現象2. 対応手順 (追記) 本記事の現象は …

Windows 10 のスリープを勝手に解除させていた意外な原因

最近、「Windows 10 のスリープが勝手に解除される」現象が何度も発生していました。 こんな時は、コマンドプロンプト(PowerShellでもOKです)で以下のコマンドを実行します。 > …

Windows

デスクトップパソコン(Windows)を使用している最中に停電した場合の対応作業

目次1. はじめに2. 状況3. 対応作業1. ハードウェア的にハードディスクが壊れていないかチェックします。方法その1:BIOSの機能を利用する方法方法その2:CrystalDiskInfo を利用 …