Windows Tips

Windows 10 のクリップボード履歴・同期機能

投稿日:2019年3月18日 更新日:

1. バージョン 1809 から実装されたクリップボード履歴・同期機能

Windows 10 Ver.1809 (2018年10月) から、クリップボード履歴・同期機能が実装されました。

白い四角が1つのコピー履歴です
白い四角が1つのコピー履歴です

主な機能は、以下の 2つです。

  1. クリップボードの履歴からコピーした内容を再利用できる。
  2. 複数デバイスでクリップボードの履歴を共有できる(クラウド利用)。

2. クリップボードの履歴機能

機能説明

以下の特徴を持つ機能です。

  • Windows 上で「コピー」操作を行うと、コピーされた項目がクリップボードの履歴に追加され、再利用できるようになります。
  • Windows + V キーを押すと、クリップボード履歴が開きます。
  • 履歴として保存できるのは、プレーンテキスト・HTML・ビットマップの3種類です。
    • 画像としてコピーできるのは「ビットマップ」のみです。PNG画像や JPEG画像はサポートされていません。
    • 保存した画像をファイルとして保存する機能はありません。
    • Windows が提供している他のアプリケーションでビットマップをキャプチャした場合は、それも履歴に保存されます。
    • HTML というのは、ウェブブラウザ上の項目をコピーすると、その部分がプレーンテキストとしてコピーされるのではなく、内部で持っているHTMLテキストとしてコピーされるということです。
  • 特定の履歴を「ピン留め」することができます。
    • 後からコピーされた項目が履歴に追加されると、古い項目は下方向に移動していくのですが、ピン留めされた項目は一番下まできたらそこで留まるようになります。
  • Windows をシャットダウンまたは再起動すると、履歴はクリアされます。
    • 但し、ピン留めされた項目はクリアされません。
  • 履歴に保存される数: 25項目まで
  • サイズ制限:項目ごとに 4 MB

クリップボードの履歴機能を有効にする手順

クリップボードの履歴機能を有効にする手順として、2つのパターンを紹介します。

有効にする手順 その1

(1) Windows + V キーを押します。

(2) 画面右下に以下が表示されるので、[有効にする] をクリックします。

[有効にする] をクリックします
[有効にする] をクリックします

有効にする手順 その2

(1) Windows + I キーを押して [設定] ウィンドウを表示します。

(2) [システム] を選択すると、画面左側に [クリップボード] という項目があるのでクリックします。

(3) 右側の [クリップボードの履歴] のところを [オン] にします。

[オン] にします
[オン] にします

サンプルスクリーンショット

Windows + V キーを押すと、以下のようにクリップボード履歴が表示されます。

クリップボード履歴の表示
クリップボード履歴の表示

新しくコピーが行われると、その項目が上から追加されていきます。

Enter キーを押すと、選択状態の項目が「貼り付け」られます。

個人的な意見になりますが、無駄なスペースを小さくして、一度にたくさんの履歴を表示してくれた方が便利だと思います。

3. クリップボードの同期機能

機能説明

  • 1つの Microsoftアカウントで複数デバイス上の Windows にログインしておくと、クラウドを介してクリップボードの履歴を同期することができます。

クリップボードの同期機能を有効にする手順

(1) Windows + I キーを押して [設定] ウィンドウを表示します。

(2) [システム] を選択すると、画面左側に [クリップボード] という項目()があるのでクリックします。

(3) 右側の [クリップボードの履歴] のところを [オン] にします()。

まずは、クリップボードの履歴機能を有効にしておく必要があります。

クリップボードの設定画面
クリップボードの設定画面

(4) [他デバイスとの動機][オン] にします()。

これで同期機能は有効になりました。

(5) [自動同期] のところで、2つの選択肢のうちどちらかを選択します()。

選択肢は以下です。

  • コピーしたテキストを自動的に同期する
  • コピーしたテキストを自動的に同期させない

2つ目の「コピーしたテキストを自動的に同期させない」を選択した場合は、履歴内の同期したい項目に対して個別に同期を実行することになります(下画面参照)。

同期したい項目の右にある同期アイコンをクリックします
同期したい項目の右にある同期アイコンをクリックします

4. 感想

正直なところ、完成度や機能がまだまだです。

本サイトでは、同じ種類のアプリケーションとして CLCL を紹介したページがあるのですが、圧倒的に CLCL の方が便利です。

Windows

クリップボードの履歴管理アプリケーション CLCL の使い方

2018.10.16

もちろん、今回紹介したクリップボード履歴機能(Windows 標準)もこれから進化していくとは思いますが、現時点でこのレベルだということは、CLCL のレベルに到達するまでにはかなりの年数が掛かると予想されます(Microsoft としてもあまり力を入れている感じはありませんし)。

コピー履歴をもっと便利に使いたい方には、少なくとも現時点では CLCL をお勧めします。

参考

関連

Windows

Windows 10 でスクリーンショットを撮る方法(キャプチャ機能)

2018.07.03

📂-Windows Tips

執筆者:labo


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Windows

【Windows 10】消えた Cortana を復活させる

Windows 10 でいつの間にか消えた Cortana を復活させる方法について書いています。

Windows

Windows 10 のツールバー機能を使い、よく使うアプリやフォルダに素早くアクセスする

Windows 10 のツールバー機能について説明します。この機能を使うと、よく使うアプリケーションやフォルダーへ素早くアクセスすることができます。

Windows

Windows 10 でファイルやフォルダを検索する方法

Windows 10 でファイルやフォルダ検索する方法について説明しています。

Windows

【Windows 10】Windows Update の基礎知識、現在のバージョンを確認する方法

Windows 10 の Windows Update に関する基礎知識、及び現在の バージョン や OSビルド(ビルド番号)を確認する手順について説明します。 ※ このページでは、一般家庭で使用する …

Windows

特定のファイルを特定のアプリケーションで開くショートカットファイルを作成する(hostsファイルを管理者権限付きで開くなど)

特定のファイルを特定のアプリケーションで開くショートカットファイルの作成方法を紹介します。