Windows Tips

【Windows 10】Windows Update の基礎知識、現在のバージョンを確認する方法

投稿日:2018年6月14日 更新日:

Windows 10Windows Update に関する基礎知識、及び現在の バージョンOSビルド(ビルド番号)を確認する手順について説明します。

※ このページでは、一般家庭で使用する Windows 10 について書いています。教育機関や企業での Windows 10 とは一部異なる部分があります。

1. Windows 10 の Windows Update 基礎知識

Windows 10 は自動的に更新プログラムが適用されていきますが、Windows 10.1 になったり Windows 11 になったりすることはありません。Windows 10 のままで、中身が更新されます。

半年ごとのリリースとバージョン

毎年 3月頃と9月頃に大きな機能更新プログラムがリリースされ、この更新が適用されると バージョン も更新されます。

このバージョンというのは、”1607” や “1703” といった番号なのですが、これはリリースされた年と月(YYMM)になっています。”1607″ であれば2016年7月ですし、”1703″ であれば2017年3月を意味しています。

また、バージョンには別名がついています。例えば、以下のような名前です。聞いたことのあるのではないでしょうか?

バージョン別名
1607Windows 10 Anniversary Update
1703Windows 10 Creators Update
1709Windows 10 Fall Creators Update

毎月の更新プログラムとOSビルド

また、毎月第2火曜日(アメリカ時間)には、セキュリティ更新プログラムがリリースされます。この更新プログラムが適用されてもバージョンは変わりませんが、OSビルド(ビルド番号)は更新されます。OSビルドというのは、「そのバージョン内のもっと細かいバージョン」のようなものです。具体的には “16299.492” や “17134.112” といった番号が付けられています。

そもそも「ビルド」というのは、プログラムが記述されたテキストファイルを実行ファイルに変換する処理です。ソフトウェアに機能を追加したり、セキュリティを高める修正を加える場合には、当然プログラムに何らかの記述を追加することになります。そして、そのプログラムを再度「ビルド」処理によって実行ファイルに変換して使うことになるのですが、このときの「ビルド」に番号を付けているのです。ソフトウェアの更新履歴として、これ以上細かい分け方はありません。プログラムに少しでも手を加えたらOSビルドは変わります。逆に言うと、OSビルドが同じということはそのソフトウェアは「全く同じである」ということです。
この上で説明した “1607” といった バージョン は、大きな新機能を追加したビルドに対して付けた番号であり、その後、セキュリティを改善するための変更や既存機能のバグ修正などを加えて新たにビルドしたとしても更新されません。

更新プログラムのダウンロードとインストール動作

Windows Updateデータはバックグラウンドで自動的にダウンロードされ、パソコンの再起動またはシャットダウン時に適用されます(デフォルト設定のままの場合)。

この動作には賛否両論がありますが、再起動のタイミングをある程度制御することは可能ですし、Windows 10 Pro 以上のエディションであれば、ダウンロードのタイミングももう少しだけ制御できます。

サポート技術情報について

  • セキュリティ更新プログラムには、「セキュリティ情報」と「サポート技術情報」という2つのドキュメントがあります。
  • 例えば「KB4561600」はサポート技術情報を表します (Knowledge Base)。セキュリティ更新プログラム ガイドで、サポート技術情報を検索する場合は、KB をとって「4561600」だけで検索します。
  • サポート技術情報を読むには、「https://support.microsoft.com/ja-jp/help/{サポート技術情報の番号(KBなし)}/」に直接アクセスすればよいです。この例の場合は、https://support.microsoft.com/ja-jp/help/4561600/ になります。

2. Microsoft による情報

Windows 10 のリリース情報

Windows 10 の更新履歴

セキュリティ更新プログラム関連

全般

3. 使用している Windows 10 のバージョンとOSビルドを確認する手順

お使いの Windows 10 のバージョンとOSビルドを確認する手順について説明します。

(1) スタートメニューを開き、[設定]アイコンをクリックします。( Windows + i キーを押してもOKです)

スタートメニュー - [設定]アイコン
スタートメニュー – [設定]アイコン

(2) [システム] をクリックします。

「設定」ウィンドウ
「設定」ウィンドウ

(3) 画面左の [バージョン情報] を選択すると、右側の [Windows の仕様] に「エディション」「バージョン」「OSビルド(ビルド番号)」が表示されています。

バージョン情報
バージョン情報

各項目について簡単な説明を表にしました。

項目名説明
エディションWindows 10 には、以下のようないくつかの エディション があります。これは、グレードのようなもので、エディションによって使える機能が異なります。

 

  • Home (ホーム)
  • Pro (プロ)
  • Enterprise (エンタープライズ)
  • etc.
バージョン1. Windows 10 の Windows Update 基礎知識 を参照してください。
OSビルド
(ビルド番号)
(Build Number)
1. Windows 10 の Windows Update 基礎知識 を参照してください。
システムの種類Windows 10 の各エディションは、対応するCPUのアーキテクチャによって、以下の2タイプが用意されています。

 

  • x86(32ビット)版
  • x64(64ビット)版

現在では、ほとんどの方が x64(64ビット)版を使っていると思います。

「winver」コマンドを使用してバージョンを確認する方法

winver というコマンドを使う方法もあります。

(1) スタートメニューを開き、”winver” と入力します。すると、”winver” のプログラムが表示されますのでクリックします。

winverプログラム

(2) 「Windows のバージョン情報」というウィンドウが開きます。

ここに、「バージョン」と「OSビルド」が表示されています。

Windows のバージョン情報

4. リリースされた Windows 10 の新バージョンをすぐに適用する方法

Windows Update によって何か障害が起きないか、障害情報を事前に調べてから行うことをお勧めします。

Windows 10 の新しいバージョンがリリースされた場合、Windows 10 がインストールされた世界中のコンピュータがその日のうち自動アップデートされるわけではありません。新しい更新プログラムをダウンロードするだけで世界中の通信回線がパンクしてしまいますので、コンピュータによってはリリース日を何日も過ぎてから適用されたりします。

しかし、すぐに新バージョンにアップデートしたい場合は、以下のサイトにアクセスして「今すぐアップデート」をクリックして指示に従って下さい。

Windows 10 April 2018 Update の画面
Windows 10 April 2018 Update の画面

5. Windows Update してから、前のバージョンに戻す方法

Windows Update によってバージョンが上がった場合、このバージョンを元に戻すにはいくか方法がありますが、まず試したいのは「回復」機能です。

※ それ以外の方法については、Windows 10 の回復オプション を参照してください。

この方法では、Windows Update でバージョンが更新されてから、10日間以内であれば前のバージョンに戻すことができます。

マイクロソフトの公式ページには、「以前のバージョンに戻すには、次の条件を満たしている必要があります。」とあります。

以前のバージョンに戻すには、次の条件を満たしている必要があります。

  • アップグレード後、windows.old フォルダーと $windows.~bt フォルダーの内容がすべて保持されていること。
  • アップグレード後に追加したユーザー アカウントを削除していること。
  • Windows 7 または Windows 8.1 へのサインインにパスワードを使っていた場合は、そのパスワードを知っていること。
  • Windows 10 へのアップグレードに USB ドライブを使った場合は、その USB ドライブがあること。

(引用元: Windows 10 の回復オプション

手順

(1) スタートメニューを開き、[設定]アイコンをクリックします。( Windows + i キーを押してもOKです)

(2) [更新とセキュリティ] をクリックします。

(3) 画面左にある[回復]タブを開き、「前のバージョンの Windows 10 に戻す」のところにある [開始する] ボタンをクリックします。

前のバージョンの Windows 10 に戻す
前のバージョンの Windows 10 に戻す

(4) 以前のバージョンに戻す理由を聞かれますので、該当する項目をチェックを入れ(また理由を書き)、[次へ]ボタンをクリックします。

以前のバージョンに戻す理由
以前のバージョンに戻す理由

(5) アップデートをチェックするか聞かれますが、バージョンを戻すことが決定している場合は、[行わない]をクリックします。

アップデートをチェックしますか?
アップデートをチェックしますか?

(6) 「知っておくべきこと」という注意書きが表示されますので、よく読んでから [次へ]ボタンをクリックします。

知っておくべきこと
知っておくべきこと

(7) これも注意点です。アカウントのパスワードを確認したら、[次へ]ボタンをクリックします。

パスワードを確認しておきましょう
パスワードを確認しておきましょう

(8) [以前のビルドに復元する]ボタンを押すと、復元が開始されます。

以前のビルドに復元する
以前のビルドに復元する

今までの経験では 30分も掛からず以前のバージョンに戻ります。

6. Windows Update に関するリスク

Windows 10 になってから、Windows Update がほぼ強制的に実行されるため、システムの脆弱性が放置されるパソコンは少なくなりました。しかし一方で、更新プログラムに問題が含まれていた場合であっても、この更新の適用を避けることができないというリスクも伴います。

こうした状況で、現在(2018年)推奨されているのは、

ユーザーからは積極的に更新させず、自動で更新が適用されるのを待つ

という姿勢です(あくまで、Windows Update に対しての姿勢です)。

[設定] – [更新とセキュリティ] 画面には、[更新プログラムのチェック] というボタンがありますが、これも押さない方がよいでしょう。なぜかというと、新しい更新プログラムが配信された際に、すぐにそれを適用してしまうとバグを踏んでしまうリスクが高く、なるべく適用されるタイミングを遅くしたいからです。もし、更新プログラムによる問題が発見されれば、Microsoft側で更新の配信を止めてくれるので、やはり急がない方がいいのです。

とはいえ、このように用心していても思わぬところで問題が起きることもあります。万が一に備えて、日頃から重要なデータはバックアップしておきましょう。

[更新プログラムのチェック] ボタン
[更新プログラムのチェック] ボタン
Windows Update(半年毎の機能更新プログラム)を適用したら、原因はよく分からないが不具合が発生した」といった場合は、前のバージョンに戻すことになります。そしてその後、Microsoft側でいろいろな不具合への修正が加えられ、機能更新プログラムも改善されるのですが、自分の環境で問題の原因になった項目がそこに入ったのかどうかは分かりません。更に、次回いつ機能更新プログラムが自動更新されるのかも分かりません。基本的に、Windows Update は放っておくのがよいですが、いつまでも更新が適用されないままであれば、一度明示的な更新作業を行ってみるのもよいと思います。その PC で起きた問題は、既に修正済みかもしれません。問題が起きたら、またバージョンを戻せばよいです。
(更新後に問題が起きたのでバージョンを戻し、数カ月後、明示的に更新したら何も問題が起きなかったことがあります)

関連記事

7. おわりに

Windows 10 のバージョンや、Windows Update についてまとまった情報というのは意外にも多くありません。

お使いの Windows 10 が、今どういうバージョンになっているのか? を把握する際には、このページの情報を参考にしてみてください。

8. 参考

📂-Windows Tips

執筆者:labo


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Windows

特定のファイルを特定のアプリケーションで開くショートカットファイルを作成する(hostsファイルを管理者権限付きで開くなど)

特定のファイルを特定のアプリケーションで開くショートカットファイルの作成方法を紹介します。

Windows

【Windows 10】消えた Cortana を復活させる

Windows 10 でいつの間にか消えた Cortana を復活させる方法について書いています。

Windows

Windows 10 でファイルやフォルダを検索する方法

Windows 10 でファイルやフォルダ検索する方法について説明しています。

Windows

Windows 10 のツールバー機能を使い、よく使うアプリやフォルダに素早くアクセスする

Windows 10 のツールバー機能について説明します。この機能を使うと、よく使うアプリケーションやフォルダーへ素早くアクセスすることができます。

WSL

WSL から Windows 10 の ssh-agent (OpenSSH) を利用する

目次1. 問題発生2. Windows 10 の OpenSSH クライアントを準備3. ssh-agent-wsl の利用(1) OpenSSH Authentication Agent サービスを …