Linux

yum のエラー「Not using downloaded repomd.xml because it is older than what we have」

投稿日:2018年2月21日 更新日:

私が管理している CentOS 7 から yum に関するエラー通知メールが送られてきました。

メールの内容

以下がメールの抜粋になります。

件名:    Cron <root@mail> run-parts /etc/cron.hourly
/etc/cron.hourly/0yum-hourly.cron:
Not using downloaded remi-safe/repomd.xml because it is older than what we have:
  Current   : Tue Feb 20 15:37:17 2018
  Downloaded: Fri Feb 16 16:19:08 2018

repomd.xml というファイルが古い」ことが問題になっているようです。

対応方法

少し調べたところ、yum のキャッシュを削除すればよいことが分かりました(100% 正しい方法なのかはまだ分かりませんが)。

通常、yum のキャッシュを削除するには以下のコマンドを実行します。

$ sudo yum clean all

実際に実行してみました

以下が実際に実行した様子です。

$ sudo yum clean all
読み込んだプラグイン:fastestmirror
リポジトリーを清掃しています: base epel extras remi-safe rpmforge updates
Cleaning up everything
Maybe you want: rm -rf /var/cache/yum, to also free up space taken by orphaned data from disabled or removed repos
Cleaning up list of fastest mirrors

base, epel, extras, remi-safe, rpmforge, updates という6つのレポジトリに関するキャッシュが削除されました。

デフォルトで無効になっているレポジトリのキャッシュも削除するのであれば、--enablerepo='*' オプションでそのレポジトリを指定しておく必要があります。(man yum でマニュアルを読むと書いてあります)

また、表示されたメッセージを読みますと、無効になっているレポジトリや削除したレポジトリのキャッシュを削除するには、「/var/cache/yum を削除する」という方法もあるようです。今後も エラーメールが届くのであれば、こちらの方法を試すことにします。

追記:2018-02-22
結局、また同じメールが飛んできたため、/var/cache/yum ディレクトリ以下を別の場所に移動しておきました(いきなり削除するのは怖かったため)。
/var/cache/yum の直下には x86_64 というディレクトリが1つあるだけだったので、これを /tmp の下に移動しました。

$ sudo mv /var/cache/yum/x86_64 /tmp

📂-Linux
-

執筆者:labo


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

CentOS

CentOS 8 標準の Apache と PHP の関係について

CentOS 8 における Apache と PHP の関係について説明します。

Linux

【Ubuntu】pip install –upgrade pip コマンドを実行すると、その後、ImportError: cannot import name main というエラーが発生する場合の対応方法

「pip install –upgrade pip」コマンドを実行した後、pip コマンドを実行すると「ImportError: cannot import name main」というエラーが発生す …

Linux

コマンドラインからメールを送信する方法

Linux (や Mac) のターミナルエミュレータ上からメールを送信するコマンドを紹介します。 目次1. sendmail2. mail3. telnet4. おわりに 1. sendmail se …

Linux

Ubuntu: タブ補完が効かなくなった場合の対処法 (bash)

Ubuntu: タブ補完が効かなくなった場合の対処法 (bash)について説明します。

Linux

テキストファイル内の行毎に、特定の箇所を抽出する

ファイル内の行毎に、特定の箇所を抽出する方法を紹介します。